Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 名言ランキング

名言ランキング―投票(名言をクリックで投票できます) [総投票数(4302)]

「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」の名言・名セリフのランキングページです!お好きな名言をタップ・クリックして頂けると投票できます!投票後は現在の人気名言ランキング順も発表されますので、ご投稿・ご投票お待ちしております(。・ω・。)

[目次]
名言一覧
登場人物名言
タグクラウド
人気キャラ集
話題の名言

[おすすめ]
Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 名言投稿はこちら!
ページ別名言ランキング公開中!
キャラ別名言ランキング公開中!
名言ランキング公開中!
公式Twitterも絶賛公開中!


Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ), 名言

こちらのページも人気です(。・ω・。)


名言一覧

  • 1
そこまでよ
今なら許してあげる
だから、盗んだもの返して
  • [ニックネーム] REZERO
  • [発言者] エミリア
「――エミリアが俺のことを、好きだなんて言うわけねぇだろうが!!」
  • [ニックネーム] ぼっちゃん
  • [発言者] ナツキ・スバル
「『地獄』を知ってるのは俺だけでいい。そのために、俺がいるんだ」
  • [ニックネーム] 涼瞳
  • [発言者] スバル
クルシュ様、お戯れはよしてください
  • [ニックネーム] レムリン
  • [発言者] レム
  ーこの身、この心は全てスバルくんに心酔しています。
  故にレムは今も、これからも、
       スバルくんを疑うことは絶対にありません。
  • [ニックネーム] マチュピチュ
  • [発言者] レム
本気で振る舞うのであれば
他者の目など意識してはいけない
  • [ニックネーム] 魔女卿
  • [発言者] ペテルギウス・ロマネコンティ
「そうね……私、弱い子だと思う」

 苛烈な物言いに目を伏せ、エミリアは小さく首を振った。
 しかしすぐに顔を上げて、エキドナを見つめ返すエミリアは「でも」と言葉を継ぎ、

「弱いのって、そんなに悪いこと?」

「……なに?」

「私に、大事なことを教えてくれた人ならきっとこう言うわ。弱いのが悪いことなんじゃない。弱いままでいようとするのが、良くないことなんだって」

 脳裏に描く、黒髪に目つきの悪い少年。
 無力さに嘆き、だけど心優しいから誰より傷付くために奔走する、大事な少年。

 みんなの力を借りながら、それでも一番辛いところに立つあの人はきっとそう答える。
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] エミリアエキドナ
「お、前は……『その人』じゃ……」

「ない。俺をそんな、お前が思い描いてた他の男と一緒にすんな。俺は俺だ。ナツキ・スバルだ。四百年の、顔も知らない野郎への片思いなんて全部、忘れちまえ」

「――――」
「いずれくるかもしれない別れの時間を恐がるより、必ずくる明日って日々を俺と一緒に生きよう。俺は弱くて、なのに望みが高いから……俺と一緒にいれば、世話焼きのお前はきっと忙しくって、退屈だの寂しいだの考えてる暇なんてなくなっちまう
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] ナツキ・スバル
怠惰デスネー
  • [ニックネーム] シリウスロマネコンティ
  • [発言者] ペテルギウスロマネコンティ
「弱いところも見せる。脆いところだって見せる。どうしようもなく、ちっぽけな野郎なんだってところだって見せてやるさ。――でも、諦めるところだけは見せねぇ」

「だから、俺の弱さはレムのものだ。レムが俺の弱さを根こそぎ包み隠してくれるから、俺は代わりに諦めだけはしがみついてでも外に出さない」

「―――」

「出ていけよ、紛い物。――俺のレムの顔で、声で、俺を甘やかすんじゃねぇ!!」
  • [ニックネーム] ぼっちゃん
  • [発言者] スバル & 『紛い物』
悪かったな、巻き込んじまって
  • [ニックネーム] REZERO
  • [発言者] フェルト
私が好きなのはパック、パックが好きなのは私。
これでお話はおしまい。
  • [ニックネーム] ゆづ
  • [発言者] エミリア
姉さまは・・・優しすぎます
  • [ニックネーム] あろま
  • [発言者] レム
「______力借りるぜ...!『ユリウス・ユークリウス!』」
  • [ニックネーム] 本
  • [発言者] 菜月昴
スバルは私にとってすごく恩人
だから何でも言って
  • [ニックネーム] リゼロ
  • [発言者] エミリア
ー我が妻、テレシア・ヴァン・アストレアに捧ぐ。
  • [ニックネーム] マチュピチュ
  • [発言者] ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア
殺すとか
そんなおっかないこといきなりしないわよ
  • [ニックネーム] REZERO
  • [発言者] エミリア
情けないと思うことと
一緒にいることとは
矛盾したりはしませんよ
  • [ニックネーム] レムたん
  • [発言者] レム
なんじゃ?さっきからもじもじしよって
金玉の位置がそんなに気になるか?
  • [ニックネーム] REZERO
  • [発言者] ロム爺
だから今、その最初の段階として、エミリアに正しい知識を授けなくてはならない。
 しかし、それをスバルがしなくてはならないのは、どういう状況なのか。

「う、恨むぜ、パック……っ!」

 ここにいない、今も深く結晶石の中で眠り続ける猫の精霊に、スバルは恨み言を呟いた。
 脳裏で小猫が頭に手をやって、「てへぺろ」と舌を出すのが見えた気がした。


 ――葛藤の果てに、スバルが詳しい話をするのをラムやフレデリカに任せればいいと気付いたのは、エミリアに子どもの名前を決めようとせがまれている途中だった。
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] エミリア

「ユリウス、俺から離れ………ても遅いのデス」

「えっ」

「イアが突然スバルの身から弾かれた時点で嫌な予感はしていたが」

「どういうこと?」

「あれは…スバルではない」

「そう、私は魔女教大罪司教、怠惰担当ペテルギウス・ロマネコンティ…デス!」
  • [ニックネーム] レムりんファン
  • [発言者] スバル & ユリウス & フェリス
たとえ君が忘れていても、俺は君を忘れない。
  • [ニックネーム] レムリアたん
  • [発言者] 那月昴
「それと、お前は俺のこと、スーパーマンじゃないって言ってたけど……」

「――?」

「客観的に見て、俺って結構、スーパーマンじゃね?」
  • [ニックネーム] 黒伸
  • [発言者] ナツキ・スバル
「そしていつか――必ず、私を殺しにきてね」
  • [ニックネーム] The different world life begun f
  • [発言者] サテラ
ここを逃せばもう先はない。
笑えレム!
今日の俺は鬼より鬼がかってるぜぇ!
  • [ニックネーム] 鬼がかった時間
  • [発言者] ナツキ・スバル
されて嬉しい特別扱いなんて
生まれて初めて
  • [ニックネーム] Reゼロ最高!
  • [発言者] エミリア
クルシュ「全員」
スバル「ぶちかませー」
レム「アルヒューマ」
クルシュ「ふっ、全員あのバカどもに続けー」
  • [ニックネーム] ベアコ
  • [発言者] クルシュ、スバル、レム
レムはアタマが悪いので
こんな案しか思いつきません
どうか・・・
  • [ニックネーム] 白鯨
  • [発言者] レム
「俺の名前はナツキ・スバル! 右も左もわからない上に天衣無縫の無一文! ヨロシク!」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] ナツキ・スバル
「ーー歌に心を揺らされることに、条件はないからです」
  • [ニックネーム] Aliceさん
  • [発言者] リリアナ・マスカレード
やあ、どうも、長月達平です! 鼠色猫です! 文字、ちっちゃくてごめんなさい!
  • [ニックネーム] お
  • [発言者] 長月達平兼鼠色猫
俺のっ…
これまで全部…
俺のおかげでっ…!
どうにかなってきただろぉ!
徽章が盗られた盗品蔵でだって、クソ危ねぇ殺人鬼から助けた!
体張った!
全部君が大事だったからだ!
邸での出来事だってそうだ、俺がいたからどうにかなった。俺がいなけりゃもっと酷いことになってた!
全部全部全部っ!
みんな俺が!俺がいたおかげだぁ!
お前は俺に!返しきれないだけの借りがあるはずだ!
  • [ニックネーム] モノズキ
  • [発言者] ナツキ・スバル
わからないのか?
卿は一度も、エミリアを助けたいと口にしていない
  • [ニックネーム] リゼロ
  • [発言者] クルシュ・カルステン
「やたっ、ついにベティーの番がきたかしら。にーちゃ……えっと、そう四番がベティーにお腹をモフモフさせるのよ。気が済むまで!」
「こう見えて腹筋割れてます、俺!」
「お前、ベティーに恨みでもあんのかしら!?」
「俺の方がブチ切れしたいわ! なんだお前、俺と仲良しさんか!?」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] 大精霊ベアトリスナツキ・スバル
「……う、っく」

「俺を選べ、ベアトリス」

 何度でも、伝わるまで言葉を重ねよう。
 揺れている少女の気持ちが、心が理解できるから。

 彼女が迷うことに感じる罪悪感を、約束を反故にすることへの慙愧の念を、ナツキ・スバルという人間の身勝手さが肩代わりしてやれるように。

 この少女が一人で泣くようなことが、もう二度とないように。

「いなく、なるくせに……」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] ナツキ・スバル & ベアトリス
君になにかあれば、ボクは契約に従う
…いざとなったら
オドを絞り出してでもボクを呼び出すんだよ
  • [ニックネーム] リゼロ
  • [発言者] パック
「い、きて」

「――――!」

「だ、す……きぃ……」


 死んだ。


 今、レムが死んだ。

 スバルの腕の中で、軽い体が重くなる。重くなってもなお軽い体が、完全に魂の抜けてしまった体が、その重みがスバルの全身に圧し掛かっていた。
 最後に、途切れ途切れで、彼女は、スバルに、『生きて』と言ったのだ。

 ――慟哭が、暗い洞窟の中に尾を引いて響き渡った。
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] レムナツキ・スバル
異世界召喚ってヤツ――ぅ!?
  • [ニックネーム] ちゃんてつ
  • [発言者] ナツキ・スバル
「特別、だからね。」
「おっ」
「ちょっと位置が悪い。それに、チクチクする。」
「ひざ、まくら?」
「恥ずかしいからはっきり言わないの。あと、こっち見るのも禁止。目、つむってて。」
「恥じらうエミリアたんも最高だけど、俺いつの間にご褒美もらえるような手柄立てたっけ?」
「そんな変な強がり今はしなくて良いの。言ってたでしょ、スバル。疲れきったら膝枕してっていつもってわけにはいかないけど今日は特別。」
「特別ってまだ二日目ですよ〜。それで、疲労困憊とか俺虚弱体質すぎだろう」
  • [ニックネーム] 最強の記録係
  • [発言者] エミリア & スバル
「ですからそのほんの片隅に、レムのことも」
  • [ニックネーム] れ
  • [発言者] レム

「大罪司教……!」

 渾身の名乗りを上げ、スバルは全身の力を足に込めて地を蹴った。
 体中に散らばった力を掻き集め、ナツキ・スバルの人生最後の疾走がそこにある。

 多くを犠牲にし、仲間と呼べたかもしれない奴らを足蹴にし、絆であったかもしれないものに救われ、ここで最後に愛しい少女の前に辿り着いて――。

「世界を焼き焦がし、国を揺るがし、英雄を殺し、そして――」

「――――」

「――君に、殺される男だ」

 衝撃が、胸の中心を穿ったのを感じて、スバルは薄く微笑んだ。
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] スバル、エミリア
お前に魅せる笑顔なんて
嘲笑で十分なのよ
  • [ニックネーム] リゼロ
  • [発言者] ベアトリス
今はただのひとりの愛しい人。――いずれ英雄となる我が最愛の人、ナツキ・スバルの介添え人、レム。
  • [ニックネーム] Re(レ)無(ム)から始める異世界生活
  • [発言者] レム
下を向くなよナツキスバル
  • [ニックネーム] 怪盗キッツ
  • [発言者] クラシュ
なにかしらその押しつけがましい善意
気持ち悪いというより胸糞悪いのよ
  • [ニックネーム] リゼロ
  • [発言者] ベアトリス
あァ、いい気概だ――じゃァ、イタダキマスッ!
  • [ニックネーム] 白ゲイ
  • [発言者] バテンカイトス
エミリアが死ねば僕は僕ではなくなる。

僕が死ねばエミリアは、

エミリアは…
  • [ニックネーム] hein htet.
  • [発言者] パック
「お前は英雄だよ、ラインハルト。俺にラインハルトは殺せない。だが、俺でも英雄を殺すことはできる。――これが、お前の殺し方だ、ラインハルト」
  • [ニックネーム] カドモン
  • [発言者] ナツキ・スバル
なにかしてほしいから産んだわけじゃないんだよ? なにかしてあげたいから産んだの。愛してあげたかったから、お母さんはスバルを産んだの
  • [ニックネーム] ヌコ
  • [発言者] 菜月菜穂子
気高く尊き存在を
おまえの尺度で測るのじゃないのよ
人間
  • [ニックネーム] リゼロ
  • [発言者] ベアトリス
「――必ず、助けてやる」
  • [ニックネーム] とろまぐろ
  • [発言者] スバル
「は、ァ……『クウェインの石は一人じゃ上がらない』って、ことかよォ……ォ」
「やっとこ、それらしい格言が聞けたな……」
  • [ニックネーム] パロ
  • [発言者] ガーフィール & スバル
「待ってろ、エミリア」

「――――」

「今に俺がなんとかしてやる。君がもうこれ以上、泣くことも苦しむことも、しなくて済むように。きっと」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] ナツキ・スバル
好きだよ  エミリア
  • [ニックネーム] rein
  • [発言者] ナツキ・スバル
諦めるのは簡単です。⋯でも、スバルくんには似合わない
  • [ニックネーム] 最優の騎士
  • [発言者] レム
どうかな〜?
今のは健全の男の子的反応ってだけで
邪悪な感じはゼロだったけど
  • [ニックネーム] REZERO
  • [発言者] パック
「――死者は動かない。死者にその先はない。僕はその不条理を、許さない」
  • [ニックネーム] ぼっちゃん
  • [発言者] ラインハルト・ヴァン・アストレア
なんだ、関係者なのね
  • [ニックネーム] REZERO
  • [発言者] エルザ・グランヒルテ
脳が
震える
  • [ニックネーム] 魔女卿
  • [発言者] ペテルギウス・ロマネコンティ
「俺に生きる価値があるか……?死なない、俺に……死んで、繰り返す以外の価値が俺に……俺に、あるのか……?」
  • [ニックネーム] ガガガさん
  • [発言者] ナツキ・スバル

戦え
後悔があろうとはいこんに打たれようと
戦え、
戦うのだと、抗うのだと、
己にそう定めたのであれば
全身全霊で戦え
1秒も、一瞬も、刹那も諦めず
見据えた勝利に貪欲に食らいつけ
まだ立てるのならば
まだ指が動くのならば
まだ牙が折れていないのならば
立て!戦え!…戦えと
  • [ニックネーム] 怪盗キッツ
  • [発言者] ヴィルヘルム
抱えたものの数だけ弱くなるなら、何のために生きるのだ。
抱えたものを守れるだけ、
強く有ろうと思えばいい。
  • [ニックネーム] ショコラ
  • [発言者] スバル
「もっと自分を愛して」
「傷付かないで。嘆かないで。
もっと、自分を大切にして」
「あなたを愛しています。だから、
あなたも、あなたを愛して、
守ってあげて」
  • [ニックネーム] アニメ、小説、映画好き
  • [発言者] サテラ
「魂の在り方が、その存在の価値を決める。己にとっても、他者にとっても、最も輝かしい生き方こそを、魂に恥じない生き方こそを人はするべきなのだ。」
  • [ニックネーム] ぼっちゃん
  • [発言者] クルシュ・カルステン
ふかしたてよっ!
  • [ニックネーム] ラムちぃ
  • [発言者] ラム
立て!顔を上げろ!武器を持て!
あの男を見ろ、あれは武器もなく非力で、吹けば飛ぶような弱者だ
打ち倒される所を私もこの目でみた無力な男だ
他の誰よりもあの男が1番弱い・・・そんな男がまだやれると、誰よりも吠えている!
それでどうして我らが下をむいていられる?最も弱い男が諦めていないのに、どうして我らに膝を折る事が許される?
卿らは恥に溺れるために・・・ここまで来たのか!
  • [ニックネーム] マルチビタミン
  • [発言者] クルシュ・カルステン
「あなたが死んでしまうことを、悲しむ人がいることを、忘れないで――」
  • [ニックネーム] 魔剣聖
  • [発言者] サテラ
君の目で、私が斬ろう。我が友、ナツキ・スバル
  • [ニックネーム] マチュピチュ
  • [発言者] ユリウス・ユークリウス
「なんで、お前はそんな強いんだ? お前は、なんで、俺があいつらを、死なせなきゃ届かないぐらい、強いんだよ?」

「お前みたいだったら、よかった。お前みたいに、真っ直ぐに、何もかも救える力があれば、よかった。俺は、お前が羨ましい。俺は、お前が憎たらしい」

「――俺は、お前になりたかったよ、ラインハルト」
  • [ニックネーム] 黒伸
  • [発言者] ナツキ・スバル
僕の微力がどれほど彼の役に立つかわからないが
もしも強硬手段に出るというのであれば
騎士として、抗わせてもらうよ
  • [ニックネーム] リゼロ
  • [発言者] ラインハルト・ヴァン・アストレア
ご褒美は頑張った子にだけ与えられるから
ご褒美なのです
  • [ニックネーム] REZERO
  • [発言者] エミリア
ご褒美は頑張った子にだけ与えられるからご褒美なのです

それができたなら僕も胸を張るんだけどね、友達くん
彼女が必死に路地を走り回っていたんだ
そして僕に助けを求めた
  • [ニックネーム] REZERO
  • [発言者] ラインハルト・ヴァン・アストレア
「――俺の名前は、ナツキ・スバル」
「ユリウスに託されて、ベアトリスが信じて、エキドナが赦して、エミリア……君に、願われる、その男の名前が、ナツキ・スバルなら」
「――俺が、ナツキ・スバルだ」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] ナツキ・スバル
つまらない答え
どっちとも仲良くしたいだなんて
お客様は浮気症で優柔不断ね
いつか後悔するわ
  • [ニックネーム] リゼロ
  • [発言者] ラム
燃えろ闘魂!うなれ魔球!
俺の本気は120kmちょいだ!
  • [ニックネーム] σ(-ω-ボク))
  • [発言者] ナツキスバル
『絶対に殺してやるーーーーー!!』
なら俺は・・・
「絶対に助けてやるーーーーー!!」
  • [ニックネーム] みかん
  • [発言者] ラム & スバル
ここから始めましょう1からいいえ0から
  • [ニックネーム] サテラ
  • [発言者] レム
「でも、男の人と女の人がチューしたら赤ちゃんができるんでしょ?」

「――――」

 絶句した。
 エミリアの性知識のなさにも、そう勘違いしている可愛さにも絶句した。

「スバル? どうしたの? スバルってば」

 何もわかっていない顔で、エミリアが黙り込んだスバルの名を呼ぶ。
 その顔にはどこか、母としての自覚による強さが生まれているようにも見えた。ひょっとすると、エミリアがちょっと強い気がしたのはそのせいだったのかもしれない。だとすると、この間違いを正すことはよくないことなのだろうか。
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] エミリア
「最後に、一つだけ」
風は吹き続ける。
でも、滲んだ視界には、加護を以てしても何も見えない。
庭園で二人、
クルシュは膝の上のフーリエを抱いて、言った。
「殿下の描いた未来、
私も見てみたかった・・・・・・っ」
  • [ニックネーム] 霊亀の心の盾
  • [発言者] クルシュ・カルステン
お前の強さは俺の目が知ってる。
俺の恥が知ってる。誰が忘れたとしてもだ
  • [ニックネーム] ネタバレ注意 スバルがユリウスへ
  • [発言者] スバル
はいっどこまででも
  • [ニックネーム] 白鯨
  • [発言者] レム
ほらね!ちゃんと巡り巡って
私達のためになったじゃない!
  • [ニックネーム] REZERO
  • [発言者] エミリア
仕方ありませんね
何も気づかれないまま
終わってもらえるのが一番だったのです
  • [ニックネーム] リゼロ
  • [発言者] レム
仕方ありませんね何も気づかれないまま終わってもらえるのが一番だったのです

…いいえ。素敵、素敵だわ
楽しませてちょうだい、ね!
  • [ニックネーム] REZERO
  • [発言者] エルザ・グランヒルテ
『――大事なのは最初でも途中でもなくて、最後なんだから』
  • [ニックネーム] スバル
  • [発言者] 菜月昴の母
「ありがとう、スバル」
  ー音がした。
「私を助けてくれて」
  ー全ての始まりを告げる音が。
  • [ニックネーム] マチュピチュ
  • [発言者] エミリア
「頼みたいことができた。――そのナイフで、俺の首を刎ねてくれ」

「――頭、おかしくなったわけではないのかしら」

「いたって正気で言ってるぜ? 必要なことだから頼んでるだけだ」
  • [ニックネーム] 黒伸
  • [発言者] ナツキ・スバル & エルザ・グランヒルテ
「レムは、スバルくんを愛しています」
  • [ニックネーム] ルメ
  • [発言者] レム
「そう、俺の願いは――」

「うん」

 歯を光らせて、指を鳴らして、親指を立てて決め顔を作り、


「君の名前を教えてほしい」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] ナツキ・スバル
怠惰なる権能―見えざる手、デス
  • [ニックネーム] ナツキリゲル
  • [発言者] ペテルギウス・ロマネコンティ
「ぱーどん?」

「男の子か女の子か、まだわからないけど、どっちでもちゃんと可愛がってあげなきゃいけないしっ! でも、私、全然そういうこと教わったことないからどうしたらいいかわからなくて……こういうことは、お父さんと話をしなきゃって」

「ちょ、ちょ、ちょちょ、ちょ……ま、待って、待って……」

 赤い顔でまくし立ててくるエミリアに、スバルは思考が追いつかない。
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] エミリア
戦え
後悔があろうと、悔恨にうたれようと、戦え。戦うのだと、抗うのだと、己にそう定めたのであれば全身全霊で戦え。一秒も、一瞬も、刹那も諦めず、見据えた勝利に貪欲に喰らいつけ。まだ立てるのならば、まだ指が動くのならば、まだ牙が折れていないのならば、立て、立て、立て、戦え。
強くなれって、言うんですか?
いいえ。強く在れと、そう言います。
  • [ニックネーム] のっち
  • [発言者] スバル、ヴィルヘルム
『立ちなさい!!』
  • [ニックネーム] 二期出るって?嬉しすぎて死に戻りしてくるわ
  • [発言者] レム
いろいろ考えてくれているのはレムにもわかっています
強引なのも、嫌いじゃありませんけど
  • [ニックネーム] リゼロ
  • [発言者] レム
いいえお客様、何もかもが間違っていると思います
いいえお客様、きっと生まれて来たのが間違いだわ
  • [ニックネーム] 鬼魔女
  • [発言者] レム & ラム
いいえお客様、何もかもが間違っていると思いますいいえお客様、きっと生まれて来たのが間違いだわ

「お前は英雄だよ、ラインハルト。――英雄にしか、なれない」
  • [ニックネーム] ぼっちゃん
  • [発言者] 終焉の獣
「謹んで、お受けします。それでスバルくんが――レムの英雄が、笑って未来を迎えられるのなら」
  • [ニックネーム] ルメ
  • [発言者] レム
はい、スバル君のレムです
  • [ニックネーム] ベア子かわいいよベア子
  • [発言者] レム
ごちそうさまですっ
  • [ニックネーム] 白鯨戦
  • [発言者] レム
「――三番が、下着だけ脱ぐ」

退室しようとしていたベアトリスをパックが引き止め、慌てた顔で彼女が振り返る。と、先ほどまで彼女がいた席に置き去りになったクジをパックが拾い上げ、

「あ、三番だ。下着を脱ぐのはベティーだね」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] ナツキ・スバルパック
  • 1

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 登場人物名言

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) タグクラウド

タグを選ぶと、そのタグが含まれる名言のみ表示されます!是非お試しください(。・ω・。)

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 人気名言

「――戦え」

「戦うと、抗うと、己にそう定めたのであれば、全身全霊で戦え。一瞬も、一秒も、刹那すらも諦めず、見据えた勝利という一点に貪欲に喰らいつけ。妥協などしてはならない、あってはならない。まだ立てるのならば、まだ指が動くのならば、まだ牙が折れていないのであれば、立て、立て、立て、立て、戦え。――戦え」
  • 投稿者:白狐
  • 発言者:ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア
  • 投票数:105
ここから、始めましょう。一から……いいえ、ゼロから!
  • 投稿者:リゼロ
  • 発言者:レム
  • 投票数:76
立て!顔を上げろ!武器を持て!
あの男を見ろ、あれは武器もなく非力で、吹けば飛ぶような弱者だ
打ち倒される所を私もこの目でみた無力な男だ
他の誰よりもあの男が1番弱い・・・そんな男がまだやれると、誰よりも吠えている!
それでどうして我らが下をむいていられる?最も弱い男が諦めていないのに、どうして我らに膝を折る事が許される?
卿らは恥に溺れるために・・・ここまで来たのか!
  • 投稿者:マルチビタミン
  • 発言者:クルシュ・カルステン
  • 投票数:63
エミリア《きみ》を見てる。レム《きみ》が見てる。だから、俯かない。
 借り物の勇気だけど、この胸に抱く想いは本物だと信じられるから。
 ここから、ゼロから始めよう。
 ナツキ・スバルの物語を。
 ――ゼロから始める、異世界生活を。
  • 投稿者:最優の騎士
  • 発言者:ナツキ・スバル
  • 投票数:61
姉様姉様。どうやらすこし混乱されているみたいですお客様

レムレム。何やら頭がおかしくなっているみたいねお客様
  • 投稿者:リゼロ
  • 発言者:レム & ラム
  • 投票数:50

本サイトの名言ページを検索できます(。・ω・。)

人気名言・キャラ集

好きになるその瞬間を。 名言ランキング公開中!

好きになるその瞬間を。 名言

VANISHING LINE 名言ランキング公開中!

VANISHING LINE 名言

食戟のソーマ 名言ランキング公開中!

食戟のソーマ 名言

[鬼滅の刃] 伊黒小芭内 名言・名台詞

伊黒小芭内 名言

[ブラクロ] メレオレオナ・ヴァーミリオン 名言・名台詞

メレオレオナ・ヴァーミリオン 名言

[To LOVEる(とらぶる)] モモ・ベリア・デビルーク 名言・名台詞

モモ・ベリア・デビルーク 名言

今話題の名言

ダ〜ンジョンに
だ〜んじょ(男女)が2人
  • [ニックネーム] トメ
  • [発言者] パカ
私の知る葉ちゃんはとても素直でいい子よ
  • [ニックネーム] 人間失格
  • [発言者] マダム
無能才女
その苦しみから逃れられる日は
永遠に訪れない
  • [ニックネーム] アサプラ
  • [発言者] クーファ=ヴァンピール
そう、戦いはいつの世も
変わることはない
  • [ニックネーム] アズレン
  • [発言者] エンタープライズ
優雅な人生を手助けする・・・
それがメイドの仕事でございます
  • [ニックネーム] アズレン
  • [発言者] ベルファスト
こんなに人がいっぱいの家
病気になっちゃうよ
大人になって結婚したら
1人で住むぞ
  • [ニックネーム] Home Alone
  • [発言者] ケヴィン
この歯ブラシ、全米歯科医師会の承認をもらってる?
  • [ニックネーム] Home Alone
  • [発言者] ケヴィン
おい。今から10秒数える間に
汚ねえケツを引っさげて出て行け
さもないと、鉛の弾を打ち込んでやる

1…2…10!
  • [ニックネーム] TV
  • [発言者] ケヴィン
彼は紛れもない天才だ
普通の天才だ
  • [ニックネーム] ひろぴ
  • [発言者] 佐藤広
ここまで言い切られるともはやロックだな
  • [ニックネーム] さいなん
  • [発言者] 斉木楠雄