Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 名言ランキング

名言ランキング―投票(名言をクリックで投票できます) [総投票数(4159)]

「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」の名言・名セリフのランキングページです!お好きな名言をタップ・クリックして頂けると投票できます!投票後は現在の人気名言ランキング順も発表されますので、ご投稿・ご投票お待ちしております(。・ω・。)

[目次]
名言一覧
登場人物名言
タグクラウド
人気キャラ集
話題の名言

[おすすめ]
Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 名言投稿はこちら!
ページ別名言ランキング公開中!
キャラ別名言ランキング公開中!
名言ランキング公開中!
公式Twitterも絶賛公開中!


Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ), 名言

こちらのページも人気です(。・ω・。)


名言一覧

  • 1

 エミリアの方も早口で息を荒くしていて、興奮状態であるのがわかる。そんな彼女と今の自分で、まともに話し合いができるわけがない。

「エミリアたん、まず深呼吸して、ちょっと落ち着いて。俺も、今、深呼吸しながら軽く落ち着く。あ、ちょうどいいところに雪が」

 しゃがんで雪を拾い、それを顔面に当ててスバルは物理的に頭を冷やす。エミリアが深呼吸するのを聞きながら、努めて冷静にスバルは考え込んだ。
 エミリアのお腹に赤ちゃん。そして、母親はエミリア、父親はスバル。意味がわからない。スバル、間違いなく大人の階段を上ったことはない。
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] エミリア
そんな警戒しなくても心配ご無用
すでに市政にまで知れ渡った厳然たる事実だ~からね
  • [ニックネーム] リゼロ
  • [発言者] ロズワール・L・メイザース
「お前に、言わなくてはならないことが......ある」

「―――」

「わ、私は口下手で......自分の考えも、相手にうまく伝えきれず、お前にも苦労を......だから二十年以上も、お前に一度も......」

「―――」

「二十年、不安にさせたかもしれん。だが、私は......」

「――馬鹿な人」

「本当に、気付いていなかったの?」

「あなたはずっと、言ってくれていたわ」

「―――」

「あなたの目が、あなたの声が、あなたの態度が、あなたの行いが、ずっと。」

「私は、お前を――」

「あなたは、私を――」

「――愛してる」
  • [ニックネーム] ぼっちゃん
  • [発言者] テレシア & ヴィルヘルム
「ってことは……魔法使えない精霊と精霊使いのコンビが誕生しただけか!?」

「ま、まぁそういう風に言うこともできなくはないのよ」

「それ以外の何とも言えねぇよ! え? 嘘、マジで!?」

 結論から言って、つまりスバルは精霊使いとなったことで、幼女を手に入れたということだ。

「お前これ、急に先行き不安になったぞ!? 大丈夫か!?」

「えへぺろ、かしら」

「笑えねぇよ!!」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] ナツキ・スバルベアトリス
「特別、だからね。」
「おっ」
「ちょっと位置が悪い。それに、チクチクする。」
「ひざ、まくら?」
「恥ずかしいからはっきり言わないの。あと、こっち見るのも禁止。目、つむってて。」
「恥じらうエミリアたんも最高だけど、俺いつの間にご褒美もらえるような手柄立てたっけ?」
「そんな変な強がり今はしなくて良いの。言ってたでしょ、スバル。疲れきったら膝枕してっていつもってわけにはいかないけど今日は特別。」
「特別ってまだ二日目ですよ〜。それで、疲労困憊とか俺虚弱体質すぎだろう」
  • [ニックネーム] 最強の記録係
  • [発言者] エミリア & スバル
「それでたくさん泣いて、最後に笑えたら、それで全部大丈夫。大事なのは最初でも途中でもなくて、最後なんだから。」
  • [ニックネーム] ぼっちゃん
  • [発言者] 菜月菜穂子
「決まってんだろ、馬鹿。俺は一回もまだ……勝負を、捨てちゃいねぇよ」
「立てなくならねぇ限り、俺は勝負を捨てない。……俺が立てなくなるときは、殺されるときまでこねぇ」
  • [ニックネーム] 黒伸
  • [発言者] ナツキ・スバル
ごめんって何度も言われるより
ありがとうって1回いってくれたほうが
相手は満足するの

謝って欲しいんじゃなく
してあげたくてしたことなんだから。ね。
  • [ニックネーム] カルピスレモン
  • [発言者] エミリア
「お、前は……『その人』じゃ……」

「ない。俺をそんな、お前が思い描いてた他の男と一緒にすんな。俺は俺だ。ナツキ・スバルだ。四百年の、顔も知らない野郎への片思いなんて全部、忘れちまえ」

「――――」
「いずれくるかもしれない別れの時間を恐がるより、必ずくる明日って日々を俺と一緒に生きよう。俺は弱くて、なのに望みが高いから……俺と一緒にいれば、世話焼きのお前はきっと忙しくって、退屈だの寂しいだの考えてる暇なんてなくなっちまう
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] ナツキ・スバル
結局、それが一番早い。
何かではなく、全部を取ればいい。
  • [ニックネーム] 二足歩行する景色
  • [発言者] ガーフィール
 膝からその場に崩れ落ち、スバルは支えもなく倒れ込み、転がった。
 エミリアに届くこともなく、その横を無様に、石畳を受け身も取れずに転がっていく。

 やがて、大の字になって空を仰げば、赤々とした王都を見下ろす蒼穹がある。
 赤と青に挟まれた世界で、ナツキ・スバルは終わりを迎える。

「どうして?」

 目をつむり、終わりを受け入れようとしたスバルは、何かに気付いて瞼を開けた。
 倒れるスバルのすぐ近くで、見下ろすエミリアが立っている。彼女の瞳から流れ落ちた涙が、スバルの頬に当たり、目を開けさせた。

「どうして?」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] スバル、エミリア
死になれて諦めぐせなんてくッだらねぇ
命は大事だ、一個しかない
お前らが必死こいて繋いでくれたからそれが分かった
だからみっともなく足掻かせてもらう
  • [ニックネーム] ルグニカ
  • [発言者] 菜月昴
「ナツキ・スバルくん」
「ぁ」
「何故、君はまだどうかしていない?どうかし足りていないんだい?私と同じく、いや私以上に君は狂っているべきだ。どうかしていなくては望めない境地に、孤独の道を行くのに人の心など邪魔なだけだ。────
だから、私が君にそれを強いよう」
  • [ニックネーム] ガガガさん
  • [発言者] ロズワール・L・メイザース
「……知ってるよ」

「――――」

「『地獄』は知ってる。――もう、何度も、見てきた」

 この世の地獄があるとすれば、それはスバルが見てきた世界のことだ。
 何度となく訪れた世界に終わりで、スバルは目を背けたくなるような地獄を何度も何度も、その目に焼き付けて、思い知らされて、やってきた。
 だからこそ、

「『地獄』を知ってるのは俺だけでいい。そのために、俺がいるんだ」

 ――今は、そう思っている。
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] ナツキ・スバル
「……う、っく」

「俺を選べ、ベアトリス」

 何度でも、伝わるまで言葉を重ねよう。
 揺れている少女の気持ちが、心が理解できるから。

 彼女が迷うことに感じる罪悪感を、約束を反故にすることへの慙愧の念を、ナツキ・スバルという人間の身勝手さが肩代わりしてやれるように。

 この少女が一人で泣くようなことが、もう二度とないように。

「いなく、なるくせに……」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] ナツキ・スバル & ベアトリス
好きだからっていう気持ちを免罪符にしてなんでもかんでも分かってもらおうって
思うのは…傲慢だよな…
わかってもらえなくてもいい
今、俺はエミリアを助けたい!!
辛くて苦しい未来があの子を襲うなら
みんなで笑ってられる未来に
連れ出してやりたい‼︎
  • [ニックネーム] 怪盗キッツ
  • [発言者] 菜月昴
「そしていつかー必ず、私を殺しにきてね」
消える。失われる。世界が搔き消え、目の前の少女の姿すら見えなくなる。ただ
掌の温もりだけを確かめるように強く握って、スバルは。
「俺は必ず、お前を救ってみせる」
  • [ニックネーム] サテラ第三のヒロイン説
  • [発言者] サテラ & スバル
「ちが・・・・・・ッ!てめェに何がわかる・・・・・・知ったよォな口叩いてんじゃねェ!」
「そうだ!俺が言ったのは勝手な想像で、叩いたのは知ったような口だよ。お前の本音はお前しか知らない。俺は、言わなくてもわかってやれる家族じゃねぇんだ!」
「言わなきゃわかんねぇんだよ!言葉にしなきゃ伝わらねぇんだよ!」
  • [ニックネーム] クウェインの石は一人じゃ上がらない
  • [発言者] ガーフィール、スバル
「ぱーどん?」

「男の子か女の子か、まだわからないけど、どっちでもちゃんと可愛がってあげなきゃいけないしっ! でも、私、全然そういうこと教わったことないからどうしたらいいかわからなくて……こういうことは、お父さんと話をしなきゃって」

「ちょ、ちょ、ちょちょ、ちょ……ま、待って、待って……」

 赤い顔でまくし立ててくるエミリアに、スバルは思考が追いつかない。
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] エミリア
「花は、好き?」

「嫌いじゃなくなった」

「どうして、剣を振るの?」

「お前を守るために」

 互いの顔が近づき、距離が縮まり、やがて消える。
 至近で触れた唇を離し、テレシアは頬を染めて、ヴィルヘルムを見上げ、

「私のことを、愛してる?」

「――わかれ」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] 剣聖剣鬼

立て!顔を上げろ!武器を持て!
あの男を見ろ、あれは武器もなく非力で、吹けば飛ぶような弱者だ
打ち倒される所を私もこの目でみた無力な男だ
他の誰よりもあの男が1番弱い・・・そんな男がまだやれると、誰よりも吠えている!
それでどうして我らが下をむいていられる?最も弱い男が諦めていないのに、どうして我らに膝を折る事が許される?
卿らは恥に溺れるために・・・ここまで来たのか!
  • [ニックネーム] マルチビタミン
  • [発言者] クルシュ・カルステン
「――そこ、どけ」

「……え?」

「……お前が、超絶いい奴で、この行動になんの悪意も……悪気もなくて、全部全てなにもかも純粋培養雑じりっ気なしの善意から飛び出たアクションだってのはわかってる。……それは、わかってる」

 だけど、

「……それだけは、ダメだ。この場だけは、譲れ……ねぇ」

スバルが始めた戦いだ。スバルには、最後を見届ける義務があるのだ。
それをもっと単純に、シンプルに伝えるとするならばーー


「意地があんだよ、男の子には――」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] ナツキ・スバル
これは心配じゃなくて忠告
次に同じような場面に出くわしても
私があなたを助けるメリットがないもの
だから、期待しちゃだめだからね
  • [ニックネーム] REZERO
  • [発言者] エミリア
 繰り返し、重ねられた問いかけ。
 その『どうして』が、いったい何を意味しているのか、スバルは考えた。

 『どうして』、こんなことをしたのか。
 『どうして』、こうなるしかなかったのか。
 『どうして』、自分に殺されるためにここへきたのか。

 きっと、色んな『どうして』がそこにあって。
 その、全部の『どうして』に答えを返してあげたいけれど、スバルに残された時間はあとほんのわずかしかなくて。

 だからスバルは、息を抜くように、最後の一息に答えを乗せた。

「――愛してる」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] スバル、エミリア
だから今、その最初の段階として、エミリアに正しい知識を授けなくてはならない。
 しかし、それをスバルがしなくてはならないのは、どういう状況なのか。

「う、恨むぜ、パック……っ!」

 ここにいない、今も深く結晶石の中で眠り続ける猫の精霊に、スバルは恨み言を呟いた。
 脳裏で小猫が頭に手をやって、「てへぺろ」と舌を出すのが見えた気がした。


 ――葛藤の果てに、スバルが詳しい話をするのをラムやフレデリカに任せればいいと気付いたのは、エミリアに子どもの名前を決めようとせがまれている途中だった。
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] エミリア
『――大事なのは最初でも途中でもなくて、最後なんだから』
  • [ニックネーム] スバル
  • [発言者] 菜月昴の母

 震える少女の瞳に、自分の姿が映っている。

 みっともなくて、みすぼらしくて、四百年待たせた白馬の王子には程遠い。
 ただの、いつものナツキ・スバルがそこにいる。

「永遠を生きるお前にとって、俺と一緒に過ごす時間なんて刹那の一瞬かもしれない。なら、お前の魂に刻み込んでやるよ。俺の一瞬を」

「――――」

「――ナツキ・スバルって男が、永遠って時間の中でもセピア色にならないぐらい、鮮烈な男だったんだってことを!」

 ガラスがひび割れるような音を立てて、禁書庫という世界が崩壊していく。
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] ナツキ・スバル
「それでたくさん泣いて、最後に笑えたら、それで全部大丈夫。大事なのは最初でも途中でもなくて、最後なんだから」
  • [ニックネーム] 涼瞳
  • [発言者] 夏木菜穂子
「ひどい人。人の覚悟も決意も全部、無駄にして」

「それも全部、俺が継ぐさ。お前は剣を握っていたことなんて忘れて呑気に......そうだな。花でも育てながら、俺の後ろで、安穏と暮らしていればいい」

「あなたの剣に、守られながら?」

「そうだ」

「守ってくれるの?」

「そうだ」

「花は好き?」

「嫌いじゃなくなった」

「どうして、剣を振るの?」

「お前を守るために」
  • [ニックネーム] ぼっちゃん
  • [発言者] テレシア & ヴィルヘルム
「待ってろ、エミリア」

「――――」

「今に俺がなんとかしてやる。君がもうこれ以上、泣くことも苦しむことも、しなくて済むように。きっと」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] ナツキ・スバル
「花は、好き?」

「いや、嫌いじゃなくなった」

「どうして、剣を振るうの?」


「ーーお前を、守るために」
  • [ニックネーム] EMT
  • [発言者] テレシア & ヴィルヘルム
牙がなくなれば爪で
爪がなくなれば骨で
骨がなくなれば命で
…それが腸狩りのやり方よ
  • [ニックネーム] REZERO
  • [発言者] エルザ・グランヒルテ
エミリアが死ねば僕は僕ではなくなる。

僕が死ねばエミリアは、

エミリアは…
  • [ニックネーム] hein htet.
  • [発言者] パック
  • 1

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 登場人物名言

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) タグクラウド

タグを選ぶと、そのタグが含まれる名言のみ表示されます!是非お試しください(。・ω・。)

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 人気名言

「――戦え」

「戦うと、抗うと、己にそう定めたのであれば、全身全霊で戦え。一瞬も、一秒も、刹那すらも諦めず、見据えた勝利という一点に貪欲に喰らいつけ。妥協などしてはならない、あってはならない。まだ立てるのならば、まだ指が動くのならば、まだ牙が折れていないのであれば、立て、立て、立て、立て、戦え。――戦え」
  • 投稿者:白狐
  • 発言者:ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア
  • 投票数:103
ここから、始めましょう。一から……いいえ、ゼロから!
  • 投稿者:リゼロ
  • 発言者:レム
  • 投票数:76
エミリア《きみ》を見てる。レム《きみ》が見てる。だから、俯かない。
 借り物の勇気だけど、この胸に抱く想いは本物だと信じられるから。
 ここから、ゼロから始めよう。
 ナツキ・スバルの物語を。
 ――ゼロから始める、異世界生活を。
  • 投稿者:最優の騎士
  • 発言者:ナツキ・スバル
  • 投票数:59
立て!顔を上げろ!武器を持て!
あの男を見ろ、あれは武器もなく非力で、吹けば飛ぶような弱者だ
打ち倒される所を私もこの目でみた無力な男だ
他の誰よりもあの男が1番弱い・・・そんな男がまだやれると、誰よりも吠えている!
それでどうして我らが下をむいていられる?最も弱い男が諦めていないのに、どうして我らに膝を折る事が許される?
卿らは恥に溺れるために・・・ここまで来たのか!
  • 投稿者:マルチビタミン
  • 発言者:クルシュ・カルステン
  • 投票数:51
姉様姉様。どうやらすこし混乱されているみたいですお客様

レムレム。何やら頭がおかしくなっているみたいねお客様
  • 投稿者:リゼロ
  • 発言者:レム & ラム
  • 投票数:50

本サイトの名言ページを検索できます(。・ω・。)

人気名言・キャラ集

おおかみこどもの雨と雪 名言ランキング公開中!

おおかみこどもの雨と雪 名言

オリエント急行殺人事件 名言ランキング公開中!

オリエント急行殺人事件 名言

ウォルト・ディズニー 名言ランキング公開中!

ウォルト・ディズニー 名言

[青ブタ] 古賀朋絵 名言・名台詞

古賀朋絵 名言

[銀魂] 月詠 名言・名台詞

月詠 名言

[To LOVEる(とらぶる)] 結城美柑 名言・名台詞

結城美柑 名言

今話題の名言

僕は信じている!!
最後に笑うのはきっと…
ひたむきでマジメな奴なのだと!!
  • [ニックネーム] MissLead
  • [発言者] 綾崎ハヤテ
正隊員になったら俺の作る部隊に来い
おまえの力が必要だ
  • [ニックネーム] 4a
  • [発言者] 風間蒼也
勘違いすんなよ!
あいつらをかばってんじゃねぇ!
ああいう殴る価値もねえ奴を殴るってことは
自分も同じ土俵の人間だって認める事になるんだよ!
ダセーことしてんじゃねぇ!
  • [ニックネーム] ニセコイ
  • [発言者] 条楽
たとえ地獄のような場所で絶望の淵に立たされたとしても
そこから這い上がれる蜘蛛の糸があるのなら
諦めずにそれを掴む
僕ら(人間)はその強さを持ってる
掴むか掴まないかは、本人次第だがな
  • [ニックネーム] 黒執事最高!
  • [発言者] シエル・ファントムハイヴ
ルールなんか守ってて、社会で通用すると思うなよ。
ルールってのはお前らのためじゃなく、作ったやつのためにある。
そしてそれに支配された現実と未来は、常にお前達の敵だ。
だから、欲しい未来があるなら戦え 戦って現実をねじ伏せろ。


ゲームを制作した奴が用意したルールがあってもどう遊ぶかは自由だ。
人生だって同じさ。
自分だけの武器を磨け。
自分だけのルールで生きろ。
そして現実に自分のルールを認めさせろ。
そうすれば未来は、お前達のものだ。
  • [ニックネーム] ヒーロー
  • [発言者] 鑑純一郎
たまにはガチで臨んでみてはいかがでしょう?
  • [ニックネーム] がち
  • [発言者] 友利奈緒
あたし、あんたの一番になってやる
それまでは絶対に謝らない
  • [ニックネーム] せんとくん
  • [発言者] 澤村・スペンサー・英梨々
言い訳しながら生きてんじゃねえよ
てめえの生き方決めんのはてめえ自身だろ
  • [ニックネーム] サムチャン
  • [発言者] ムゲン
さぁ賭け狂いましょう
  • [ニックネーム] 賭ケグルイ
  • [発言者] 蛇喰夢子
フータロー
私と付き合おうよ
  • [ニックネーム] みっくみく
  • [発言者] 中野三玖