Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 名言ランキング

名言ランキング投票ページ [総投票数(4486)]

『Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)』名言・名セリフランキングの投票ページです♪ランダムで最大50個の名言を表示しておりますので、お好きな名言をタップ・クリックしご投票ください(。・ω・。)


Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ), 名言

[目次]
名言一覧
登場人物名言
タグクラウド
人気キャラ集
話題の名言

[おすすめ]
『Twitter』人気の名言つぶやき中
『Youtube』名言・名場面動画配信中
 チャンネル登録で応援して頂けると嬉しいです♪

『Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)』名言・名場面動画

お時間ございましたら、名言・名セリフ動画もお楽しみください♫(週一回のペースで、色々な名言・名場面動画を挙げております)

▼チャンネル登録で応援して頂けると嬉しいです♪

『Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)』名言・名場面動画(ふぇにばの遊び場)
『Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)』
名言・名場面動画です
ぜひお立ち寄りください♪
(タップでYoutubeにアクセスできます)

『Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)』名言・名セリフ投票エリア

最大50個の名言がランダムで表示されます。お好きな名言・名セリフをタップ・クリックしてご投票ください。良いセリフがなければ、お手数ですがページのリフレッシュをお願い致します。投票後、投票結果ページに遷移します。

第1候補:仕方ありませんね 何も...

仕方ありませんね
何も気づかれないまま
終わってもらえるのが一番だったのです
  • [ニックネーム] リゼロ
  • [発言者] レム

第2候補:本気で振る舞うのであれば...

本気で振る舞うのであれば
他者の目など意識してはいけない
  • [ニックネーム] 魔女卿
  • [発言者] ペテルギウス・ロマネコンティ

第3候補:だから今、その最初の段階...

だから今、その最初の段階として、エミリアに正しい知識を授けなくてはならない。
 しかし、それをスバルがしなくてはならないのは、どういう状況なのか。

「う、恨むぜ、パック……っ!」

 ここにいない、今も深く結晶石の中で眠り続ける猫の精霊に、スバルは恨み言を呟いた。
 脳裏で小猫が頭に手をやって、「てへぺろ」と舌を出すのが見えた気がした。


 ――葛藤の果てに、スバルが詳しい話をするのをラムやフレデリカに任せればいいと気付いたのは、エミリアに子どもの名前を決めようとせがまれている途中だった。
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] エミリア

第4候補:「何かしてほしいから産ん...

「何かしてほしいから産んだわけじゃないんだよ?何かしてあげたいから産んだの。愛してあげたかったから、お母さんは昴を産んだの」
「お母さんたちに何かしてくれたいなら、その気持ちを他の誰かにあげたらいいよ。それが昴の好きな子で、その子と愛してあげたい子どもがとかが出来たら・・・・・・・最高じゃない?」

「・・・・・・ああ、最高だね」

「でしょう。お母さんの言うことに間違いはそんなにないんだから」
  • [ニックネーム] ぼっちゃん
  • [発言者] ナツキ・スバル & 菜月菜穂子

第5候補:「私のことを、愛してる?...

「私のことを、愛してる?」

「――わかれ」

「言葉にしてほしいことだってあるのよ」

「あー」

「いつか、気が向いたときにな」
  • [ニックネーム] ぼっちゃん
  • [発言者] テレシア & ヴィルヘルム

第6候補:「――俺を見ろ、エミリア...

「――俺を見ろ、エミリア。俺を見て、俺を憎んで、俺を刻み込め」

「あなたは、誰、なの? あなたは、どこの、誰なの……?」

 両手を広げ、ゆっくりと歩み寄るスバルに、エミリアは震える声で言った。
 その問いかけを受け、スバルは目をつむった。

 それを、ずっと待ち望んでいた気がする。
 エミリアの前で、その問いかけに答えることを、ずっと――。
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] スバル、エミリア

第7候補:つまらない答え どっち...

つまらない答え
どっちとも仲良くしたいだなんて
お客様は浮気症で優柔不断ね
いつか後悔するわ
  • [ニックネーム] リゼロ
  • [発言者] ラム

第8候補:燃えろ闘魂!うなれ魔球!...

燃えろ闘魂!うなれ魔球!
俺の本気は120kmちょいだ!
  • [ニックネーム] σ(-ω-ボク))
  • [発言者] ナツキスバル

第9候補:確かに。これだけ失敗続き...

確かに。これだけ失敗続きで、それで改善の兆しも見えない。どうにかしてやろうってより、どうにかなっちまえって気分になるのも当然ってもんだ
──けど
俺は君が好きだよ。───エミリア
  • [ニックネーム] ガガガさん
  • [発言者] ナツキ・スバル

第10候補:やっぱりいいよなァ こ...

やっぱりいいよなァ
こうして手ずから食べにくるっていうのもさ
特に最近はこういう気骨に満ちた
喰いでのある奴らと会う機会がなかったから
久々に俺たちも飢餓が満たされるのを感じるッ
  • [ニックネーム] 大司教
  • [発言者] ライ・バテンカイトス

第11候補:「エミリアたん。赤ちゃん...

「エミリアたん。赤ちゃんって、赤ん坊ってことだよね?」

「そ、そうよ。王選の最中にこんなの、大変なことだと思うけど……でも、生まれてくる赤ちゃんは悪くないし、ちゃんと幸せにしてあげたいのっ! この子が、最初に愛されるべき相手にちゃんと愛される子にしてあげたい」

 エミリアの決心は気高く、美しいものだ。
 だが、話が食い違っている。スバルはエミリアと、そういうことをしたことはない。ならばエミリアが他の誰かと。いや、それも考えたくない。

「エミリアたん……赤ちゃんは、コウノトリが運んでくるわけでもキャベツ畑から回収できるわけでもないよ?」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] エミリア

第12候補:「――そこ、どけ」 ...

「――そこ、どけ」

「……え?」

「……お前が、超絶いい奴で、この行動になんの悪意も……悪気もなくて、全部全てなにもかも純粋培養雑じりっ気なしの善意から飛び出たアクションだってのはわかってる。……それは、わかってる」

 だけど、

「……それだけは、ダメだ。この場だけは、譲れ……ねぇ」

スバルが始めた戦いだ。スバルには、最後を見届ける義務があるのだ。
それをもっと単純に、シンプルに伝えるとするならばーー


「意地があんだよ、男の子には――」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] ナツキ・スバル

第13候補: その眦から涙がこぼれる...

 その眦から涙がこぼれる。

「四百年、ずっと一人だった……! 孤独の時間を過ごしてきて、今ここでお前の手を取ったところで……どうせ、お前はすぐに死んでしまう! 人間の寿命なんて、ベティーにとっては瞬きみたいに一瞬で……今さら! そんなものに縋って……!」

「お前が過ごした四百年は、俺には想像することもできねぇよ。わかったような口も叩いてやれねぇ。四百年どころか、俺はまだその二十分の一も生きちゃいねぇから。お前が、俺が死んだ後の時間を恐がる気持ちも、きっと全部はわかってやれねぇ」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] ナツキ・スバル & ベアトリス

第14候補: 膝からその場に崩れ落ち...

 膝からその場に崩れ落ち、スバルは支えもなく倒れ込み、転がった。
 エミリアに届くこともなく、その横を無様に、石畳を受け身も取れずに転がっていく。

 やがて、大の字になって空を仰げば、赤々とした王都を見下ろす蒼穹がある。
 赤と青に挟まれた世界で、ナツキ・スバルは終わりを迎える。

「どうして?」

 目をつむり、終わりを受け入れようとしたスバルは、何かに気付いて瞼を開けた。
 倒れるスバルのすぐ近くで、見下ろすエミリアが立っている。彼女の瞳から流れ落ちた涙が、スバルの頬に当たり、目を開けさせた。

「どうして?」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] スバル、エミリア

第15候補:「ひどい人。人の覚悟も決...

「ひどい人。人の覚悟も決意も全部、無駄にして」

「それも全部、俺が継ぐさ。お前は剣を握っていたことなんて忘れて呑気に......そうだな。花でも育てながら、俺の後ろで、安穏と暮らしていればいい」

「あなたの剣に、守られながら?」

「そうだ」

「守ってくれるの?」

「そうだ」

「花は好き?」

「嫌いじゃなくなった」

「どうして、剣を振るの?」

「お前を守るために」
  • [ニックネーム] ぼっちゃん
  • [発言者] テレシア & ヴィルヘルム

第16候補:「でも、男の人と女の人が...

「でも、男の人と女の人がチューしたら赤ちゃんができるんでしょ?」

「――――」

 絶句した。
 エミリアの性知識のなさにも、そう勘違いしている可愛さにも絶句した。

「スバル? どうしたの? スバルってば」

 何もわかっていない顔で、エミリアが黙り込んだスバルの名を呼ぶ。
 その顔にはどこか、母としての自覚による強さが生まれているようにも見えた。ひょっとすると、エミリアがちょっと強い気がしたのはそのせいだったのかもしれない。だとすると、この間違いを正すことはよくないことなのだろうか。
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] エミリア

第17候補:俺は本気の本気で心の底か...

俺は本気の本気で心の底から
その時その時の本当に欲しい物を望んでるんだぜ?
  • [ニックネーム] リゼロ
  • [発言者] ナツキ・スバル

第18候補:「この世界で、俺が本気で...

「この世界で、俺が本気で初めてもらった『愛してる』は······どうしようもないクズ野郎が、英雄になってやろうって思えるぐらいパワーがあったぜ」
  • [ニックネーム] ぼっちゃん
  • [発言者] ナツキ・スバル

第19候補:なにかしらその押しつけが...

なにかしらその押しつけがましい善意
気持ち悪いというより胸糞悪いのよ
  • [ニックネーム] リゼロ
  • [発言者] ベアトリス

第20候補:いえ、そんなことは・・・...

いえ、そんなことは・・・
レムも少し
かなり少し
とても少し気になるのは事実ですから
  • [ニックネーム] レムラム
  • [発言者] レム

第21候補:「打ちのめされてるの見て...

「打ちのめされてるの見てればわかるもん。詳しい事情はきっと話してくれないんでしょ。こんな事で楽になるだなんて思ってないけど、こんな事しか、出来ないから」
「はは、、、エミリアたんってば、、、そんな、、、」
「疲れてる?」
「まだまだ全然、平気だし、、、」
「困ってる?」
「優しくされると、ほら、惚れちゃうぜ。そうやって、、また、、、そんな、、、」
  • [ニックネーム] 最強の記録係
  • [発言者] エミリア & スバル

第22候補:なんじゃ?さっきからもじ...

なんじゃ?さっきからもじもじしよって
金玉の位置がそんなに気になるか?
  • [ニックネーム] REZERO
  • [発言者] ロム爺

第23候補:エミリア《きみ》を見てる...

エミリア《きみ》を見てる。
レム《きみ》が見てる。
だから、俯かない。

 借り物の勇気だけど、この胸に抱く想いは本物だと信じられるから。
 ここから、ゼロから始めよう。
 ナツキ・スバルの物語を。
 ――ゼロから始める、異世界生活を。
  • [ニックネーム] 最優の騎士
  • [発言者] ナツキ・スバル

第24候補:「――恐いのかしら?」 ...

「――恐いのかしら?」

「いいや、恐くない」

「そう」

「後ろにエミリア、隣にお前。なんたって、最強の気分だ」

「そうなのよ」
  • [ニックネーム] 白狐
  • [発言者] スバル & ベアトリス

第25候補: ――否。断じて否。そん...

 ――否。断じて否。そんなこと言ってる場合じゃない。このままだと、エミリアは想像妊娠したまま話が進む。日に日に、イメージの中で膨らむお腹に話しかける慈母エミリア。それはそれで可愛いが、それをそれとしたら問題だ。

「スバル、ひょっとしてチューしたこと後悔してるの……?」

「全然してないし、何回でもしたいけど!?」

「そ、そうなんだ……」

 ますます誤解が深まる流れに、スバルは脊髄反射したことを後悔する。
 今のはエミリアの認識的には、スバルが何回でも子作りしたいと言ったに等しい。その気持ちはあるが、それはもっと段階を踏んでからの話だろう。
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] エミリア

第26候補:「お前に、言わなくてはな...

「お前に、言わなくてはならないことが......ある」

「―――」

「わ、私は口下手で......自分の考えも、相手にうまく伝えきれず、お前にも苦労を......だから二十年以上も、お前に一度も......」

「―――」

「二十年、不安にさせたかもしれん。だが、私は......」

「――馬鹿な人」

「本当に、気付いていなかったの?」

「あなたはずっと、言ってくれていたわ」

「―――」

「あなたの目が、あなたの声が、あなたの態度が、あなたの行いが、ずっと。」

「私は、お前を――」

「あなたは、私を――」

「――愛してる」
  • [ニックネーム] ぼっちゃん
  • [発言者] テレシア & ヴィルヘルム

第27候補:なにかしてほしいから産ん...

なにかしてほしいから産んだわけじゃないんだよ?
なにかしてあげたいから産んだの
愛してあげたかったから
お母さんはスバルを産んだの

お父さんとお母さんになにかしてくれたいなら
その気持ちを他の誰かにあげたらいいよ
それが昴の好きな子で
その子とまた愛してあげたい子どもとかできたら……
もう最高じゃない?
  • [ニックネーム] 嫉妬の魔女
  • [発言者] 菜月菜穂子

第28候補:好きだからっていう気持ち...

好きだからっていう気持ちを免罪符にしてなんでもかんでも分かってもらおうって
思うのは…傲慢だよな…
わかってもらえなくてもいい
今、俺はエミリアを助けたい!!
辛くて苦しい未来があの子を襲うなら
みんなで笑ってられる未来に
連れ出してやりたい‼︎
  • [ニックネーム] 怪盗キッツ
  • [発言者] ナツキ・スバル

第29候補:「俺が、どうしようもない...

「俺が、どうしようもないどん詰まりにいて、誰かにどうにかしてほしいって本気で、諦めかけたとき······そこに、お前がいてくれたらって、心底思ったよ」

「―――」

「お前ならきっと、こうやって行き詰まって、膝を抱えて、過ぎたことにうじうじと悩み続ける俺に寄り添って、優しくしてくれるって、そう、思ったよ」

「―――」

「そうして、お前は俺の弱音を聞いて、泣き言を吐き出させて、涙も何もかも涸れるぐらいまで絞りださせて······」

「―――」

「――さあ、立ってくださいって、そう言うんだ」
  • [ニックネーム] ぼっちゃん
  • [発言者] スバル & 『紛い物』

第30候補:気高く尊き存在を おま...

気高く尊き存在を
おまえの尺度で測るのじゃないのよ
人間
  • [ニックネーム] リゼロ
  • [発言者] ベアトリス

第31候補:「頼みたいことができた。...

「頼みたいことができた。――そのナイフで、俺の首を刎ねてくれ」

「――頭、おかしくなったわけではないのかしら」

「いたって正気で言ってるぜ? 必要なことだから頼んでるだけだ」
  • [ニックネーム] 黒伸
  • [発言者] ナツキ・スバル & エルザ・グランヒルテ

第32候補:「やたっ、ついにベティー...

「やたっ、ついにベティーの番がきたかしら。にーちゃ……えっと、そう四番がベティーにお腹をモフモフさせるのよ。気が済むまで!」
「こう見えて腹筋割れてます、俺!」
「お前、ベティーに恨みでもあんのかしら!?」
「俺の方がブチ切れしたいわ! なんだお前、俺と仲良しさんか!?」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] 大精霊ベアトリスナツキ・スバル

第33候補:今からレムは急な思いつき...

今からレムは急な思いつきで
りんごを使った新しい料理の開発に入ります
ものすごい集中力を必要とするので
きっと誰かが部屋を抜けだしたりしても
気づけない可能性が高いです
  • [ニックネーム] レムりん
  • [発言者] レム

第34候補:「いらぬ中傷されてますけ...

「いらぬ中傷されてますけど、僕が本気出してケツまくったらナツキさんなんかそれこそケツも拝めないぐらいの速度で僕消えますよ」
  • [ニックネーム] アルパカヘキサゴン
  • [発言者] オットー・スーウェン

第35候補:「……う、っく」 ...

「……う、っく」

「俺を選べ、ベアトリス」

 何度でも、伝わるまで言葉を重ねよう。
 揺れている少女の気持ちが、心が理解できるから。

 彼女が迷うことに感じる罪悪感を、約束を反故にすることへの慙愧の念を、ナツキ・スバルという人間の身勝手さが肩代わりしてやれるように。

 この少女が一人で泣くようなことが、もう二度とないように。

「いなく、なるくせに……」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] ナツキ・スバル & ベアトリス

第36候補:あァ、いい気概だ――じゃ...

あァ、いい気概だ――じゃァ、イタダキマスッ!
  • [ニックネーム] 白ゲイ
  • [発言者] バテンカイトス

第37候補:『この程度で魔女の名前を...

『この程度で魔女の名前を借りるなんて、四百年早い。本気でボクを殺すつもりだというのなら――サテラの半分、千は影を伸ばして見せろ』
  • [ニックネーム] ぷりすてら
  • [発言者] パック

第38候補:「魔女に、魔女、サテラに...

「魔女に、魔女、サテラに、サテラぁ、愛し、愛を、愛がぁ!愛してマス!愛されているのデス!サテラ、アナタが、アナタがワタシを、ワタシにした!片時も忘れていな、いないのデス…アナタが忘れても、ワタシは、忘れて、いない」
涙が溢れる。血の涙ではない、本物の涙が。
本当に、この時点で初めて、
       ペテルギウスは初めて、正気の言葉を叫んだ。
  • [ニックネーム] マチュピチュ
  • [発言者] ペテルギウス・ロマネコンティ

第39候補:  顔を背け、ぶっきら...


 顔を背け、ぶっきらぼうに言い放つ。
 観衆の時間の静止が解けて、衛兵がこちらへ大挙して押し寄せてくる。その中にいつか肩を並べていた面々がいるのが見えて、ヴィルヘルムは肩をすくめる。
 そんな彼のすげない態度にテレシアは頬を膨らませる。あの場所で二人、花畑を前に笑い合っていた日々の一枚のように。

「言葉にしてほしいことだってあるのよ」

「あー」

 頭を掻き、罰の悪さに顔をしかめながら、仕方ないとヴィルヘルムはテレシアを振り返ると、その耳元に顔を寄せて、

「いつか、気が向いたときにな」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] 剣聖剣鬼

第40候補:「じゃ、三番がタバスカ(...

「じゃ、三番がタバスカ(異世界風タバスコ)入りのミルクでも一気飲みでいこーぉか」

「おのれ狙ったように、ロズワールぅ!!」
  • [ニックネーム] ちょむすけ
  • [発言者] ロズワール・L・メイザース & ナツキ・スバル

こちらのページも人気です(。・ω・。)


Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 登場人物名言


Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) タグクラウド

タグを選ぶと、そのタグが含まれる名言のみ表示されます!是非お試しください(。・ω・。)

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 人気名言

――戦え
戦うと、抗うと、己にそう定めたのであれば
全身全霊で戦え。

一瞬も、一秒も、刹那すらも諦めず、
見据えた勝利という一点に貪欲に喰らいつけ。
妥協などしてはならない、あってはならない。
まだ立てるのならば、まだ指が動くのならば、
まだ牙が折れていないのであれば、
立て、立て、立て、立て、戦え。――戦え
  • 投稿者:白狐
  • 発言者:ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア
  • 投票数:108
立て!顔を上げろ!武器を持て!
あの男を見ろ、あれは武器もなく非力で、吹けば飛ぶような弱者だ
打ち倒される所を私もこの目でみた無力な男だ
他の誰よりもあの男が1番弱い・・・
そんな男がまだやれると、誰よりも吠えている!
それでどうして我らが下をむいていられる?
最も弱い男が諦めていないのに、どうして我らに膝を折る事が許される?
卿らは恥に溺れるために・・・ここまで来たのか!
  • 投稿者:マルチビタミン
  • 発言者:クルシュ・カルステン
  • 投票数:89
ここから、始めましょう
一から……いいえ、ゼロから!
  • 投稿者:リゼロ
  • 発言者:レム
  • 投票数:76
エミリア《きみ》を見てる。
レム《きみ》が見てる。
だから、俯かない。

 借り物の勇気だけど、この胸に抱く想いは本物だと信じられるから。
 ここから、ゼロから始めよう。
 ナツキ・スバルの物語を。
 ――ゼロから始める、異世界生活を。
  • 投稿者:最優の騎士
  • 発言者:ナツキ・スバル
  • 投票数:61
姉様姉様。どうやらすこし混乱されているみたいですお客様

レムレム。何やら頭がおかしくなっているみたいねお客様
  • 投稿者:リゼロ
  • 発言者:レム & ラム
  • 投票数:50

本サイトの名言ページを検索できます(。・ω・。)

人気名言・キャラ集

淫らな青ちゃんは勉強ができない 名言ランキング公開中!

淫らな青ちゃんは勉強ができない 名言

殺戮の天使 名言ランキング公開中!

殺戮の天使 名言

3月のライオン 名言ランキング公開中!

3月のライオン 名言

[ReLIFE] 小野屋杏 名言・名台詞

小野屋杏 名言

[かぐや様は告らせたい] 藤原千花 名言・名台詞

藤原千花 名言

[MIX] 立花投馬 名言・名台詞

立花投馬 名言

今話題の名言

「好きだよ」と伝えてくれればいいのに
願う先、怖くていえず
「好きじゃない?」「好きだよ?」が
揺れる恋と雨空
  • [ニックネーム] 恋音と雨空
  • [発言者] AAA
人間は堕落する
聖女も英雄も、それを防ぐことは出来ない
それが…救いだ
  • [ニックネーム] 暗号
  • [発言者] 結城新十郎
助かるかもしれない
そんな希望を抱きながら一瞬で死んでいけるのは
とても幸せなことだ
  • [ニックネーム] ばかのん
  • [発言者] グース・パーキンズ
ドストライクー!
普通こういう時は1、2球様子を見て
相手の意図を測るのが常套手段じゃないのか?
  • [ニックネーム] 涼宮
  • [発言者] キョン
イヤーッ!
  • [ニックネーム] フジキド
  • [発言者] ニンジャスレイヤー
それはどっちも正しいんだ
大事なのはどっちの道を選んでも
それを「言い訳」にしない事だよ
  • [ニックネーム] はち
  • [発言者] 花本先生
努力だけではどうにもならないかもしれん
しかし 努力をしなければ確実にこのまま
ただ… 失うんだ
  • [ニックネーム] はちくろ
  • [発言者] 花本先生
古流じゃ所詮、無理無理
  • [ニックネーム] 電々
  • [発言者] 天沢勇子
おまえの仕事は
当分黙っている事だ
  • [ニックネーム] G
  • [発言者] ゴルゴ13
でも やわな坊や
アナタからもう盗むものはないの
アナタはとっくに もぬけの殻
このアタシと同じように
  • [ニックネーム] OP
  • [発言者] 峰不二子