化物語 名言ランキング

名言ランキング―投票(名言をクリックで投票できます) [総投票数(12112)]

Sponsored Links
化物語, 名言
  • 1
  • ...
「冷たいことを言いますね、駿河先輩。凍傷になること思いました。
理由がなくちゃ、僕はあなたに話しかけちゃ駄目ですか?」
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 忍野扇
「何がうまくいかねーだよ。ぶっ倒れるまで走るだなんて、お前らしくない」
「私らしさ・・・・・・そんなものすっかり見失ってしまったなあ」
「見失った?」
「うん。私らしさって、いったいなんだろう。阿良々木先輩は、阿良々木先輩らしさって、なんだと思っている?」
「さあねえ どうだろうな。お前の尊敬にたる先輩であろうと、いっぱいいっぱいだったって感じかな。そういう意味じゃ、僕らしさってのは、お前がきめていたのかもしれない」
「・・・・・・私が」
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 阿良々木先輩、神原
まあ元日ほどの混雑はなくとも、ゴミのように放り投げたりはしていなくとも、いつだって参拝客の一人や二人はいるものだ。
いつだって愚か者はいるものだ。人間はいるものだ。
そういう人間を眺め、こうはなるまい、こうなってはおしまいだと俺は思うのだった。いましめ、である。
自戒、である。
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 貝木泥舟
「友達が欲しいとは思わないけれど、まして恋人が欲しいなんて
思ったこともないけれど、どうしてエロい妄想だけは
なくならないんだろう・・・・・・」
謎だ。
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 阿良々木暦
「な、何・・・・・・、あ、謝ればいいの?謝って欲しいの?な、撫子をこんなところに呼び出して・・・・・・、げ、幻覚まで見せて、追い詰めて・・・・・・、つ、償うって何?撫子は・・・・・・」
「撫子は・・・・・・何をすればいいの?」
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 千石撫子
これも話して、友達を失ったエピソード。
お風呂のお湯は一人入るごとに流して新しく張り直すとか、
洗濯も個別に行うとか、その手のエピソードは枚挙に遑がないのだけれど、しかし不思議なものだ。私のほうはそれをまったく不自然だとは思っていないし、それで何人友達を失ってしまっても だったら
羽川家も他の家と同じようにするべきだとは、ちっとも思えないのだから。
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 羽川翼
「家に帰って寝もせんとは、見上げた連中じゃよ。いや、これは冗談ではなくな。働き者には感心するよ、それくらいの気持ちは
儂にもある。
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 忍野忍
「普通の仕事ですよ。たとえて言えば、宇宙の大半を占める
圧倒的な暗闇ように――ありふれた仕事です。
間違っているものを正し、終わるべきものを終わらせる――強いて
言うなら、嘘つきを罰する仕事ってところですかね」
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 忍野扇
いいじゃないですか阿良々木さん離れていてもずっと一緒だとか、心の中の思い出は消えないとか、いつでもわたしはそばにいるとか、ふたりの絆は永遠だとか、それでもいつか阿良々木さが本当に困ったときにはきっと帰ってきますとか、そーゆ―のでなんとか納得してください。
 
  • [ニックネーム] yuki
  • [発言者] 八九寺真宵
ためらうなよ。今やこの娘は、お前様の妹御の友人でもなければ、いたいけな後輩でもない 邪悪で凶悪でどうしようもない怪異じゃ」
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 忍野忍
「ほれ、肉を食え、肉を。焼肉屋で野菜とか頼む必要はねーんだよ。
野菜が食いたきゃ焼き野菜に行けばいいんだ。
任せろ俺が焼いてやる」
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 貝木
「僕はあの性格を含めて 戦場ヶ原のことが、
好きなんだ」
文末まで、きちんと言った。
そう。
全部好きだ。
好きじゃないところはない。
「生まれ初めて、真剣に人を好きになったんだよ」
「ふうん。そうかにゃ」
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 阿良々木暦、ブラック羽川
「怪異のキャラ付けは、かなり厳格ってことだよ――
別の怪異の振りをしちゃあ、誤解されるよいな振る舞いを
しちゃあ、駄目だ」
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 臥煙伊豆湖
「何をすればいいの、か」
「普通、こういうときは許しを請うものなんだけどな―――『許してください』の一言もないってのは、大したもんだ」
「・・・・・・・・・・・・」
「失敗したとは思っていても、悪いことをしたとは思ってねえって感じか?『仕方なかった』から?まあそりゃそうだろう、人間様にとってみれば、蛇なんて所詮は爬虫類なんだからな――」
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] クチナワ
「文字通り時間の問題なのさ。悩みの正体というのは基本的に
『将来に対する不安』だ。『今よりもっと酷いことになるんじゃないか』という予感が、精神ののバランスを突き崩す
だから彼らに必要なのは『その悩みは私が請け負った』という言葉どあって、悩みの解決それ自体じゃないんだよ」
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 沼地
Sponsored Links

戦い続け、抵抗し続けては、そのたび、無力感を与えられ続けてきたのだろう。それでも諦めなかった戦場ヶ原はさすがだが、それゆえに、おいそれと俺のこの言葉を鵜呑みにはできないようだ。
まあそうでもなくとも、俺の言葉なんてぞ鵜呑みにはできないだろうが。それでいいが。
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 貝木泥舟
「そうそう、思い出したにゃん。人間。俺らは当たり前のようにそこにいるものだけれど いることが当たり前だと思われた瞬間に、ただの現実とにゃってしまうということにゃ」
鬼は、ただの血液異常に。猫は、ただの多重人格に。
蟹は、ただの病気に。蝸牛は、ただの迷子に。猿は、ただの通り魔に。
蛇は、ただの疼痛に。怪異は、ただの現実になる
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 阿良々木暦、ブラック羽川
いいだけの人間はいない
悪いだけの人間はいない
  • [ニックネーム] 非リア充
  • [発言者] 沼地蝋花
「そこで教えてやるよーーーお前が何を踏みにじって生きているのかを」
「・・・・・・・・・・・・」
「被害者なんていねーだよ。この世にいるのは加害者だけだーー
どいつもこいつも、とんだ勘違い野郎だかりだぜ」
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] クチナワ、撫子ちゃん
ご存知のように、地球から見る全天には、八十八の星座があります
――聖闘士星矢でおなじみですね。ちゃんと全部言えますか?
  • [ニックネーム] ・・・・・・・・・!
  • [発言者] 扇
「人はいつまでも被害者でいられるわけじゃあないからね
千石ちゃん。被害者でいるときと、加害者でいるときがあるだけだ。それとも、きみは今でもまだ、被害者のつもりなのかな?」
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 忍野扇ちゃん
そうだよにゃあ。
ご主人も泣けばよかったんだよにゃあ
悲しかったんだから。寂しかったんだから。悔しかったんだから。
そうすれば、俺とか、苛虎とかを生み出さにゃくっても
案外うまくいったのかもしんねーぜ。
いや、逆だっだっけ。俺達がいたから、ご主人は泣けにゃかったのか。
それも、まあ、そうだよにゃあ?、俺達みたいにゃ妹がいたら。
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] ブラック羽川
「迷惑はいつもかけられてる」
「でも、悪いなんて言ってない」
「劣等感と一生向き合う覚悟があるのなら、
             たとえ偽物だろうと、それは本物と同じじゃないか」
  • [ニックネーム] タカシ
  • [発言者] 阿良々木暦
「蟹のことだじゃなく、そうね、神原のことだったり、貝木とのことだったり、他の色んなことでも、彼は私を、陰に陽に助けてくれたわ。でも、何も言わなくても助けてくれるからって、何も言わなくてもいいということにはならないと思うのよ」
「? どういうこと?」
「いえ、だから、ひょっとしたら羽川さん、自分からは何も言わないうちに阿良々木くんが助けてくれるのを期待しているんじゃないかって思って」
「・・・・・・ああ」
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 戦場ヶ原、羽川
ありがとう、阿良々木くん。
私は、あなたにとても感謝しているわ。 今までのこと、全部謝ります。
図々しいかもしれないけれど、これからも仲良くしてくれたら、
私、とても嬉しいわ
  • [ニックネーム] えんどう
  • [発言者] 戦場ヶ原ひたぎ
・・・・・・あ、ああ」阿良々木くん。
阿良々木くん、阿良々木くん。
阿良々木くん、阿良々木くん、阿良々木くん
月火ちゃんの言うことが結局正しかったのか。
嫉妬よりも 恋心のほうが、ずっと炎だ。
阿良々木くんの姿を見ただけで、こんなにも燃え盛る
たった数日ぶりのことだというのに。まるで百年ぶりに会った気分だよ。
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 羽川
「羽川様。帽子を、こちらでお預かりします」
「阿良々木くん」
「はい」
「怒るよ」
「怒れよ」
「怒りたきゃいくらでも怒ればいい。なんなら、嫌ってくれても構わないぜ。僕にとってはお前に恩返しすることの方がずっと大事だ」
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 阿良々木、羽川
幼い
可愛い
少女
  • [ニックネーム] mio
  • [発言者] 阿良々木暦
「自己愛なんてないよ。自愛なんてないよ。私は自分のことしか考えてないし、自分のことしか信じていないけれど――私だって、私のこと
なんか大嫌いだよ」
「だけどそれでも、そんな自分でも、自分なんだから、好きになるしかないじゃない。大嫌いな自分でも愛せるような――どんな自分でも愛せるような、神様みたいな人になるしか、ないじゃない」
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 蛇神様・千石撫子
「暦お兄ちゃんのことが好きだとか、大好きだとか、お前、嘘をつくなよ。普通に嫌いなだけだろう?普通にムカついているだけだろう?自分のことを一番に好いてくれない、他の女を恋人にした暦お兄ちゃんのことが、お前は憎くて嫌いでしょうがないんだろう?ならばそう言えばよさそうなものなのに、だけど、そんな風にには人を憎んだり嫌ったりする自分にはなりたくないから『好きだ』ってことにしているだけだろう?結局、お前が好きなのは暦お兄ちゃんじゃなくて自分だよ。お前にあるのは自己愛だけだ」自己愛だけだ。自愛だけだ。
世界が、一人で閉じている。
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 貝木泥舟
Sponsored Links

信じる、ということは、騙されたがっている、ということだと、俺は思っている。





  • [ニックネーム] KY
  • [発言者] 貝木泥舟
「う、ううん」
「阿良々木くん・・・・・・」
「私との友情よりも私に恩返しをすることの方がずっと大事だなんて
そんな寂しいこと、言わないでよ」
「・・・・・・・・・・」
「阿良々木くん・・・・・・きちんとしなさい」
「はい」
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 羽川、阿良々木
私は今、阿良々木君を嫌いになることがとても怖い
私は今、阿良々木君を失うことが怖い
でもね、これまでの私の人生はあんまり幸福とは言えないものだったけれど
不幸だからこそ、阿良々木君の気をひけたというのなら、
それで、よかったと思うの
それくらい私は、阿良々木君にまいってしまっている
  • [ニックネーム] 星空
  • [発言者] 戦場ヶ原ひたぎ
それでいいんだよ。
必要なときにそこにいてくれたという事実は、
ただそれだけのことで、何にも増して、ありがたいものだ
  • [ニックネーム] 化物語最高~
  • [発言者] 戦場ヶ原父
・・・・・・しかしこれ、考えてみれば夢のような状況だな。
教室の中に、まず僕がいて、そしてその周囲に、
少女と幼女と童女がいる。なんだ、ここはひょっとして
桃源郷か?
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 阿良々木暦
「自覚があるのは自覚がないよりはいいことだ」
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 暦
「その恩が返し切れるなんて思ってない。だけど、お前のために何かさせて欲しいんだ。お前のためにできることは、僕は全部やるんだよ。その結果だったら、怒られても嫌われても、我慢できるさ」
「我慢ね」
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 阿良々木、羽川
「いいこと?もしも私から一分おきに連絡がなかったら、五千人のむくつけき仲間が、あなたの家族を襲撃することになっているわ」
「大丈夫だって……余計な心配するな」
「一分あればこと足りると言うの!?」
「僕はどこかのボクサーかよ」
  • [ニックネーム] んー
  • [発言者] 戦場ヶ原ひたぎ & 阿良々木暦
イエーイ
ピース ピース
  • [ニックネーム] 余命半年豚キムチ
  • [発言者] 斧ノ木餘接
見えていないものを見えているふりしたり、
見えているものを見えていないふりしたり、
今後こういうのは一切なしだ
  • [ニックネーム] なかみち
  • [発言者] 阿良々木暦
「どいしてもこうしても、要するに阿良々木くんは、可愛い妹を取られたみたいな気持ちで、その二人に嫉妬してるってしょ?
焼きもちを焼いているっついうのか」ぎくり、と自分の言葉に ぎくりとした。焼きもちを焼く?焼く?嫉妬。ああ、そうだ。
それもまた明らかに、まず最初に連想されてもいい。くらいに『火』連なるキーワードじゃあないか。
燃えるような 嫉妬。
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 羽川翼
「はっはっは。ミスタードーナツがたらふく食べられんのは残念じゃが、お前様がそうして苦しんでおる姿を見れただけで、儂はもう満足じゃわい」
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 忍
「若いうちはとりあえず肉だ。肉を食っていれば、人間は幸せになれるぜ、臥煙の忘れ形見。まあ若造でも老人でも、人生に悩みは尽きないが、しかしおいしい肉を食えばそんな悩みはすべて解決するのさ」
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 貝木
「羽川さん!」
「大丈夫!?生きてる!?」
「あ、あれ?あれ?おはよう?」
戸惑いもする。だって、あのクールな戦場ヶ原さんが顔を真っ赤にして、もうぼろぼろ涙をこぼしながら、真っ直ぐに私を見てあるのだから。
「大丈夫!?」
「う、うん」
「・・・・・・・・・・・・っ」
それを受けて、戦場ヶ原さんは、やっと私の胸倉から手を離して、ぐっと唇を噛み、号泣しそうになるのをこらえるようにして、それから、
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 戦場ヶ原、羽川
きみはともかく、私は知っているんだって――言ったろう?
私は何でも知っているって――きみのことくらい
知り尽くしているさ
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 臥煙伊豆湖
  • 1
  • ...
Sponsored Links

化物語の登場人物名言

タグクラウド

化物語 の人気名言

随分と元気がいいね〜
何か良い事でもあったのかい?
  • 投稿者:化物語最高~
  • 発言者:忍野メメ
  • 投票数:130
なんでもは知らないわよ

知ってる事だけ。
  • 投稿者:このはと
  • 発言者:羽川翼
  • 投票数:85
誰かを好きになるということはとても素敵なことだと思うんだ。
それだけれ生きていこうって気になって、それだけで元気になって、
ふわふわのぽわぽわになるものなんだって、思うんだ。
世の中は色々難しくって、思い通りにならないことや嫌なことがたくさんあって、
日常だと考えていたものはあっけなく崩れたりするし、
頼れるはずだった決まりごとは案外頼りなくなって、身体も心もすぐに疲れて、
疲れ果てて、ついついその場にへたり込んで倒れたくなっちゃったりするけれど、
それでも、誰かを好きだという気持ちがあれば頑張れると思うんだ。
泣きたいときも笑えると思うんだ…だから。
だから私は、暦お兄ちゃんを好きになったのかも知れないね…
ただ、誰かを好きになって、自分の精神を安定させるために。
  • 投稿者:京都
  • 発言者:千石撫子
  • 投票数:80
「無理だったにゃん。無茶だったにゃん。無駄だったにゃん」
あーあ。そう言えば、結局、言えなかったなあ。
あんなに好きだったくせに。化物になっちゃうくらい好きだったくせに。私、一度も阿良々木くんに好きだって、言えなかったなあ
「無理だった。無茶だった。無駄だった」
「そんなことはねーぞ、羽川」
「・・・・・・・・・・・・っ!」
「無理だったかもしれない。無茶だったかもしれない。でも
無駄じゃなかった。お前が命懸けで頑張って、この虎の放火をたった十秒遅らせてくれてなかったら、僕は間に合わなかった」
「そしたら僕は、きっと泣いていたぜ」
刀の柄を握ったまま、そんな風に。
阿良々木くんは笑った。
  • 投稿者:ルドガー
  • 発言者:羽川、阿良々木
  • 投票数:76
羽川翼という私の物語を、しかし私は語ることができない。
というのも、私にとって私とは、どこまでが私なのかをまずもって定義できないからだ。ふと伸ばした足の爪先までが自分であるとはとても思えないと記した文豪がいたはずだが、私だったら足を伸ばすまでもない、心そのものが、自分のものであるかどうかが疑わしい。
私は私なのか?
私とは何なのか?
私とは誰なのか?
誰とは 私で。
何が 私なのか、
  • 投稿者:ルドガー
  • 発言者:羽川翼
  • 投票数:75

本サイトの名言ページを検索できます(。・ω・。)

Pick Up 名言グループ:Perfume

Perfume 名言

Pick Up 名言グループ:FAIRY TAIL(フェアリーテイル)

FAIRY TAIL(フェアリーテイル) 名言

Pick Up 名言グループ:石膏ボーイズ

石膏ボーイズ 名言

Pick Up 名言グループ:TRICKSTER

TRICKSTER 名言

Pick Up 名言グループ:宇多田ヒカル

宇多田ヒカル 名言

Pick Up Character : [Re:ゼロ] エミリア

エミリア 名言

Pick Up Character : [ReLIFE] 海崎新太

海崎新太 名言

Pick Up Character : [亜人] 永井圭

永井圭 名言

こちらのページも人気です(。・ω・。)

ピックアップ名言

でも、そこから最悪なアフターエピソードが始まるんだよ。
自由にしていい、そう言われた私は愕然としたんだ。
私の好きなものはなんだっけ?私がしたい事ってなんだっけ?
私は、ずっと誰かが望む私として生きてきた。
で、本当の私をどうやら忘れちゃったのさ。
  • [ニックネーム] こころ
  • [発言者] 永瀬伊織
時が経っても変わらない支えあえる友と笑えるように
  • [ニックネーム] T,F
  • [発言者] GReeeeN
第二の刃を持たざるものは・・・
暗殺者の資格なし!!
  • [ニックネーム] あんきょ
  • [発言者] 殺せんせー
なんでもは知らないわよ

知ってる事だけ。
  • [ニックネーム] このはと
  • [発言者] 羽川翼
助けてって言わなきゃ、
助けを求めた事にならないわけでもないだろう。
好きって言わなきゃ、
好きって事にならないわけでも無いように。
軽はずみに言えない言葉は、誰にだってあるよね。
  • [ニックネーム] エリーム
  • [発言者] 忍野メメ
名言 ランキング 名言