耳をすませば 名言ランキング

名言ランキング―投票(名言をクリックで投票できます) [総投票数(84)]

「耳をすませば」の名言・名セリフのランキングページです!お好きな名言をタップ・クリックして頂けると投票できます!投票後は現在の人気名言ランキング順も発表されますので、ご投稿・ご投票お待ちしております(。・ω・。)

[目次]
名言一覧
登場人物名言
タグクラウド
人気キャラ集
話題の名言

[おすすめ]
耳をすませば 名言投稿はこちら!
ページ別名言ランキング公開中!
キャラ別名言ランキング公開中!
名言ランキング公開中!
公式Twitterも絶賛公開中!


耳をすませば, 名言

こちらのページも人気です(。・ω・。)


名言一覧

  • 1
あたし、書いてみてわかったんです
書きたいだけじゃだめなんだってこと
もっと勉強しなきゃだめだって
  • [ニックネーム] 耳すま
  • [発言者] 月島雫
  • 1

耳をすませば 登場人物名言

耳をすませば タグクラウド

タグを選ぶと、そのタグが含まれる名言のみ表示されます!是非お試しください(。・ω・。)

耳をすませば 人気名言

人と違う生き方はそれなりにしんどいぞ
何が起きても誰のせいにもできないからね・・・
  • 投稿者:耳すま
  • 発言者:月島靖也
  • 投票数:9
あ~~~あ
せっかく物語が始まりそうだったのに・・・
  • 投稿者:耳すま
  • 発言者:月島雫
  • 投票数:8
あいにく、不自由なくらしも気に入っているのさ
  • 投稿者:耳すま
  • 発言者:バロン
  • 投票数:6
こんなふうにさ
うまくいきっこないって
心の中ですぐ誰かが言うんだよね・・
  • 投稿者:耳すま
  • 発言者:月島雫
  • 投票数:6
見ると聞くとは大違いさ
でもオレはやるよ
  • 投稿者:耳すま
  • 発言者:天沢聖司
  • 投票数:5

本サイトの名言ページを検索できます(。・ω・。)

人気名言・キャラ集

BTOOOM! 名言ランキング公開中!

BTOOOM! 名言

猫物語 名言ランキング公開中!

猫物語 名言

ちはやふる 名言ランキング公開中!

ちはやふる 名言

[ワンパンマン] 無免ライダー 名言・名台詞

無免ライダー 名言

[エヴァンゲリオン] 碇シンジ 名言・名台詞

碇シンジ 名言

[物語シリーズ] 千石撫子 名言・名台詞

千石撫子 名言

今話題の名言

過ぎたことにこだわるな。
大事なのは今、そしてこれからだ。
  • [ニックネーム] クロスゲーム
  • [発言者] 樹多村光
努力に憾みなかりしか!
  • [ニックネーム] N督(ニー督)
  • [発言者] 長門型戦艦1番艦長門
『言葉』ってさ、口に出して言ってるうちに
本当になる気がする
  • [ニックネーム] BOKUINA
  • [発言者] 片桐愛梨
私は、君があのゲームをプレイする姿を見て震えたよ。
人はこれほど速くなれるのかと。

でも、現実の君はとてもFRAGILEで、切ないほどに痛々しくて、
私は胸が引き裂かれるようだった。

未来の王に膝まづきたい。
しかし同時に君を守って包んであげたい。
そんな相反する気持ちがどんどん膨れ上がって、
恋していたんだ。
  • [ニックネーム] 色
  • [発言者] 黒雪姫
「春に彼女に出会えてよかった。彼女に出会わなければ、俺は 前を向かなかった。夏に彼女に出会えてよかった。彼女に出会 わなければ、俺は腑抜けたままだった。秋に彼女に出会えてよ かった。彼女に出会わなければ、俺は人知れず潰れていた。冬 に彼女に出会えてよかった。彼女に出会わなければ、俺は強さ の意味を履き違えていた。」
  • [ニックネーム] 人生マイナス
  • [発言者] 杉崎鍵
でも…一緒にバンド組んだらすごく楽しかったし…
唯先輩の明るさに何度も助けられたし…
もう歌詞忘れても抱きついて来ても怒らないから…

卒業しないでよ…
  • [ニックネーム] (´Д⊂ヽ
  • [発言者] 中野梓
行きなさい、シンジ君。
誰かの為じゃない、あなた自身の願いの為に
  • [ニックネーム] ユウコ
  • [発言者] 葛城ミサト
誰かの幸せを祈った分 ほかの誰かを呪わずにはいられない。
私たち魔法少女ってそういう仕組みだったんだね。
「あたしって、ほんとバカ」
  • [ニックネーム] ミイナ
  • [発言者] 美樹さやか
キミは小宇宙(コスモ)を感じたことがあるか!
  • [ニックネーム] PEGASUS
  • [発言者] ペガサス星矢
痛みはいつか消える
でも後悔は消えない。10年後も
”今”の私はこの後悔を
10年後まで残したくないから
  • [ニックネーム] ORANGE
  • [発言者] 高宮菜穂