生徒会の一存 名言ランキング

名言ランキング―投票(名言をクリックで投票できます) [総投票数(3133)]


生徒会の一存, 名言

こちらのページも人気です(。・ω・。)

  • 1
俺は・・・・・・いや、俺達、在校生は。

この学園から去る皆さんのことを、それだけ、
大好きだったっつうことです。
  • [ニックネーム] しょ
  • [発言者] 杉崎鍵
  • 1

生徒会の一存の登場人物名言

タグクラウド

生徒会の一存 の人気名言

「春に彼女に出会えてよかった。彼女に出会わなければ、俺は 前を向かなかった。夏に彼女に出会えてよかった。彼女に出会 わなければ、俺は腑抜けたままだった。秋に彼女に出会えてよ かった。彼女に出会わなければ、俺は人知れず潰れていた。冬 に彼女に出会えてよかった。彼女に出会わなければ、俺は強さ の意味を履き違えていた。」
  • 投稿者:人生マイナス
  • 発言者:杉崎鍵
  • 投票数:227
世の中がつまらないんじゃないの。
貴方がつまらない人間になったのよっ!
  • 投稿者:NINO
  • 発言者:桜野くりむ
  • 投票数:206
皆好きです。超好きです。皆付き合って。絶対幸せにしてやるから
  • 投稿者:NINO
  • 発言者:杉崎鍵
  • 投票数:192
俺は英雄じゃない。だから、決して多くは守れない。
だけど、せめて俺の手の届く人の笑顔ぐらい俺が守る。二度と失いたくないから。
不格好でいい。醜くていい。泥臭くていい。浅ましくていい。情けなくていい。
手段は選ばない。
そう。
手段は、選ばない。
  • 投稿者:ディア
  • 発言者:杉崎鍵
  • 投票数:168
人が人に惹かれるのは、
欠点のあるなしじゃなく、
どれだけ魅力があるかです。
  • 投稿者:センラ
  • 発言者:杉崎鍵
  • 投票数:138

本サイトの名言ページを検索できます(。・ω・。)

Pick Up 名言グループ:それでも世界は美しい

それでも世界は美しい 名言

Pick Up 名言グループ:クレヨンしんちゃん

クレヨンしんちゃん 名言

Pick Up 名言グループ:UN‐GO

UN‐GO 名言

Pick Up Character : [Just Because!] 夏目美緒

夏目美緒 名言

Pick Up Character : [ちはやふる] 若宮詩暢

若宮詩暢 名言

Pick Up Character : [宝石の国] ルチル

ルチル 名言

ピックアップ名言

次に生まれてくるときは、平和な世界だといいな
  • [ニックネーム] KK
  • [発言者] 電いなづま暁型4番艦駆逐艦
俺と会話するなんて、こいつも実はいい奴なのだろうか
だが、いい奴なのだとしたら
話を広げてやれなかったのが申し訳ない
あまりにも申し訳ないので今後は迷惑をかけないように
二度と話をしないことにした
  • [ニックネーム] ぼっちww
  • [発言者] 比企谷八幡
何が教育だ!
人の弱さも、その弱さを癒す音楽も知らないくせに・・・
あんたにとってはただの資産かもしれんが、生徒にとっては大切な場所なんだ!
集まって歌うくらい、やったていいじゃねーか!
  • [ニックネーム] TARITARI応援団分団団長
  • [発言者] 校長先生
「他の誰かのために120%の力が出せる…それがお前達の強さ…」
  • [ニックネーム] 化物語最高~
  • [発言者] 戸愚呂
なんなんだかわかんねーけどよお おまえ人のせいにすんなよな!
人のせいにしたって解決なんかできねーんだ
おまえ自分でなんかどーにかしたか?
この先理不尽なこともいっぱいあるだろーけどよ
結局おまえが自分でなんとかするしかねーんだよ
  • [ニックネーム] TODOKE
  • [発言者] 荒井一市
立ち向かったらそこで試合終了だ、何故なら自分が勝てもしない戦いを何度もやってそのたびに挫折するのなら立ち向かわない方がいい(自分で考えましたなんかヒッキーが言いそうなので


  • [ニックネーム] ハルキング
  • [発言者] 春キング
何か一つを極めるということは他の全てを捨てること!
それが出来ぬお前は結局ハンパ者なのだ!!
***
・・・捨てたのかよ?
逃げたんだろ?
  • [ニックネーム] ミスリル
  • [発言者] 戸愚呂 & 浦飯幽助
・・・余裕こいてんじゃねーぞ
このわくわく動物野郎
  • [ニックネーム] 4a
  • [発言者] 出水公平
俺のコスモよ
奇跡を起こせ
  • [ニックネーム] PEGASUS
  • [発言者] ペガサス星矢
「無理だったにゃん。無茶だったにゃん。無駄だったにゃん」
あーあ。そう言えば、結局、言えなかったなあ。
あんなに好きだったくせに。化物になっちゃうくらい好きだったくせに。私、一度も阿良々木くんに好きだって、言えなかったなあ
「無理だった。無茶だった。無駄だった」
「そんなことはねーぞ、羽川」
「・・・・・・・・・・・・っ!」
「無理だったかもしれない。無茶だったかもしれない。でも
無駄じゃなかった。お前が命懸けで頑張って、この虎の放火をたった十秒遅らせてくれてなかったら、僕は間に合わなかった」
「そしたら僕は、きっと泣いていたぜ」
刀の柄を握ったまま、そんな風に。
阿良々木くんは笑った。
  • [ニックネーム] ルドガー
  • [発言者] 羽川、阿良々木