Fate Grand Order(FGO) 名言・セリフ集 ~心に残る言葉の力~

Fate Grand Order(FGO)名言投稿

『Fate Grand Order(FGO)』の名言・名セリフをまとめています。おすすめの名言・名場面ございましたらご投稿・ご連絡宜しくお願い致します。ごゆっくりお楽しみください♪


Fate Grand Order(FGO), 名言

目次
名言・名セリフ一覧
あらすじ
登場人物名言
タグクラウド
人気キャラ集
話題の名言

おすすめ
Twitter|人気の名言つぶやき中
Youtube|名言・名場面動画配信中
チャンネル登録で応援して頂けると嬉しいです♪

名言投稿(Fate Grand Order(FGO))

名言/名台詞*
By*
投稿者*
 

投稿イメージ

[名言を入力してください]
  • By [名言の発言者を入力してください]
  • (投稿者:[あなたの投稿者ネームを入力してください]

名言・セリフ集一覧

こちらのページも人気です(。・ω・。)


『Fate Grand Order(FGO)』名言一覧

  • 1
欲しいものは思い当たらなくても、こんなふうに気を遣ってもらえるのは何より嬉しい。
わたしはとても幸せだ。
今日も一日、なんの変化もなく、穏やかな時間を過ごせるのだから。
  • By マシュ・キリエライト(投稿者:百合花様)
手前は相手の質で殺す殺さないを推し量るのか?
弱いなら生かす、強いなら殺す、と?
―――話にならねえ。
優しい殺生がしてえんなら牧場に行けよ。牧場に。
ここは戦場だ。
持論ほざく前にさっさと死ね。
  • By クー・フーリン〔オルタ〕(投稿者:百合花様)
あの時。
自分は『生きるため』と叫んだ。
その言葉であの『善』を打倒した。
なら、自分なりに、その答えを出さないと。
  • By 藤丸立香(投稿者:ゲーティアLOVE様)
マスターを成長させ、己の評価も高める。
それが歴戦のサーヴァントというものだよ
  • By エミヤ(投稿者:百合花様)
自分が残したもの、自分が為し得た事が次の世代に活かされる――そこに意義を感じない英霊はいない。
善にしろ悪にしろね。
だからサーヴァントとは精神的に対等なのさ。
サーヴァントがマスターに力を貸すのは、人として当然の義務なんだから。
それがこの星に生きるという事。キミの人生も、いつか必ず、未来の誰かの利益に繋がっている。
  • By エミヤ(投稿者:百合花様)
いいや、消えることはないよ。
ロベスピエール。
たとえフランス王家が潰えても。
キミたち、革命者が倒れたとしても。
フランスは消えることはないんだ。
姿を変えて、形を変えて、フランスは在り続けるだろう。
世界がある限り。
だから、私はキミにこう言おう。
───フランス万歳(ヴィヴ・ラ・フランス)、と
  • By シュヴァリエ・デオン(投稿者:百合花様)
私は、フランス王家を守る白百合の騎士。
性別なんて大したものじゃない。
時にサーベルを持つ竜騎士(ドラグーン)にもなろう
時に、ドレスを纏った淑女にも。
王家の百合を守るためなら、僕は、サーベルでもドレスでも自在に扱うまでだ。
生前も、今でもね。
英霊になろうともそれは変わらない
  • By シュヴァリエ・デオン(投稿者:百合花様)
…………これで、いい。
これで幾度目になるだろう。
私が、こうやって何かを破壊するのは。
いや、数えきれる訳もない。
しかし今回は幾らか趣が違っていたな。
なかなかに悪くない。
そう、人のように言うのであれば……
楽しかった——かな。
弱音を吐いた記憶など、私にはただの一度もなかったハズなのだが。
ではな、マスター。
目覚めた時、おまえは忘れているかもしれないが。
付き合ってもらって、すまない。
いや……
…………ありがとう。
私ははじめて、私以外の意思で、私の記憶を否定できた。
  • By アルテラ(投稿者:百合花様)
……大したものだ、マスター。
少し、見直したぞ。
立ち竦みでもするかと思っていたが。
私は、お前の在り方をみくびっていたようだ。
藤丸、世界を救おうとする者よ。
……そろそろ、戻れ。
ここは、お前が居続けるには相応しくない。
私だけでいい。
ここは——。
——この暗がりは、私のものだから。
  • By アルテラ(投稿者:百合花様)
私は……。
……私は、命を壊したいと思ったことはない。
だが、いつも、視界に広がる文明を破壊し続けた。
矛盾しているだろう?
だが、どうしてもこの道を選んでしまう。
この星の生命の絶対原則——
生存目的が繁殖であるコトから、私は外れている。
私の根底に刻まれた厳守は“破壊”なんだ。
進んで殺したくはない、でも、壊したい。
結果として人は死ぬ。
多くを殺した。
大地は常に真紅に染まっていた。
……それでも。
私に残されたものは、この暗い荒涼、そして。
  • By アルテラ(投稿者:百合花様)
いいや、その醜い踊りはここで終わる。
貴様の逃避はここまでだ。
何が将軍だ。
何が皇帝の源か。
笑止千万だろうが! 
貴様は逃避しているだけだ!
この、豚が!
愛したひとりの女(クレオパトラ)の願いさえ果たせず、愛し子(カエサリオン)を後継とせなんだ自らから!
  • By ガイウス・ユリウス・カエサル(投稿者:百合花様)
陰謀というものは胆力を要する。
初めは何も感じぬが、徐々にな。徐々に。
瑞々しい葡萄を口にする間に、我が陰謀にてたちまち死ぬが――
これを幾度も続けていくと、何かが病む。
何かがけがれていくようにも思える程に。
だからこそ、時に私は戦場へと逃避した。
  • By ガイウス・ユリウス・カエサル(投稿者:百合花様)
この第二の生では――俺は正義を守り、正義を誇ろう。
他者の意図、他者の思惑など知ったことではない。
ただ、俺自身がそうありたいと願うのだ。
俺の夢は――正義の味方だ。
  • By ジークフリート(投稿者:百合花様)
……俺は貴様と、酒を酌み交わして愚かな話に興じていれば幸福だった。
なるほど、あの状況でお前を背中から襲えたのは、俺しかいるまい。
信頼できる俺の刃で、というのも分からなくはない。
だが――それが、俺の心を痛めつけることになるとは想像しなかったのか。
お前の妻、クリームヒルトを激怒させるとは思わなかったのか?
  • By ハーゲン(投稿者:百合花様)
ばかものが!
役者たるもの、終幕を拒んでなんとする!
我らは存分に栄え、その末に滅びるもの!
死は避けられぬ!終わりは変えられぬ!
だからこそ謳うのだ!
だからこそ叫ぶのだ!
余は愛する事を悔やまず、諦めぬ!
幾たび、終幕を迎えようと!
  • By ネロ・クラウディウス(投稿者:百合花様)
第五皇帝、ネロ・クラウディウスが願い請う!
我がマスター、ケリィよ!
余に力を貸してほしい!
あまりにも遅すぎたが――
我が過ち、我が剣で清算する!
  • By ネロ・クラウディウス(投稿者:百合花様)
最後の瞬間、ネロが何を思ったのか、実のところよく分からぬ。
だが、ネロはそれで良しとした。
たとえそれが愛した市民の手ではないとしても――
最期に人の温かみで幕を閉じられた事が、あの暴君には嬉しかった。
それは余が今も夢見る機械仕掛けの神(デウスエクスマキナ)。
どれほど無理があろうと物語を”めでたしめでたし”で終わらせる、最後の奇跡だったのだから。
あの兵士がいなければ私は今も、この荒野でありもしない声を待っていただろう。
だからこそ!
余は、貴様を斬らねばならない!
荒野に迷う暴君の夢!
散ることを忘れた繁栄の華!
いまだ終幕を受け入れぬ余の亡霊よ!
現れ、剣を執るがいい!
  • By ネロ・クラウディウス(投稿者:百合花様)
わたしはまだまだ未熟者ですが……
どうか友に戦うことで、多くの事を教えてほしい。
貴方となら、わたしは挫ける事なく、理想を目指して戦える気がするのです。
  • By セイバー・リリィ(投稿者:百合花様)
英霊アルテラ。
偉大なる征服者よ。
おまえは大きく矛盾している。
民の欲を満たすために万里を征服した王がいた。
己の欲を満たすために万里を支配した王がいた。
このように、王の在り方は様々だ。
それぞれが異なる思想と、正しい目的を持つ。
だが——おまえは違う。
おまえは征服者でありながら破壊者だ。
征服の過程で破壊を呼ぶ王もいただろう。
だが征服の後に破壊を呼ぶ王はいない。
それは人の世を統べる王ではない。
人の世界を否定する魔神にすぎない。
いま一度問うぞ、英霊アルテラ。
おまえは本当に——
我らと同じ英霊か?
  • By アルトリア・ペンドラゴン(オルタ)(投稿者:百合花様)
英霊はある意味、その終わり——
最終形が見えている存在。
それぞれの強さはもう判っている。
ですが貴方たちは違う。
その時代に生きている人間が最終的にどこに行くのか。
どれだけの成長をして、どれほどの成果を出すのか。
私たち英霊には想像もできない事です。
だから、私は誇らしいのです。
貴方のようなマスターに出会えたことが。
  • By アルトリア・ペンドラゴン(投稿者:百合花様)

無念はありますが、後悔はありません。
私の戦いはすべてを救う正解ではなかったけれど——
間違いではなかった事も、もう知っていますから。
ここからは貴方の戦いです、マスター。
私もこの聖剣にかけて、貴方の助けとなりましょう。
  • By アルトリア・ペンドラゴン(投稿者:百合花様)
辛かったし、多くの失敗もしました。
楽だけの人生がないのと同じです。
でも、私の人生はそれで良かったのです。
色々と道を間違えましたが、最後の最後でやっとわかった。
私は多くの物を傷つけ、取りこぼしたけれど。
一番尊いと思ったものは、最後まで守り通したのだと。
  • By アルトリア・ペンドラゴン(投稿者:百合花様)
……しかし。
夢を見るサーヴァント、か……
それはいい響きだ。
実に……懐かしい。
ささやかな幸福だろうと、誇大妄想だろうと、夢を見るのは人の特権だと、あの都市で私は知った。
  • By チャールズ・バベッジ(投稿者:百合花様)
過去は固定されたもの、未来は既に決まっているもの……
過去に生きた英霊は無論のこと、英霊の座にいて未来を識る英霊は何も変えられぬ。
だが『今』においては過去も未来も変動するのだ!
なぜなら──
そう、なぜなら!
今を生きているものだけが、これからの未来を変えられるのだからな!
  • By ネロ・クラウディウス(投稿者:百合花様)
敵対者としてのアーサー王の瞳に俺たちは映った。
もう逃げられないぜ。やるしかない。
……いや、逃げてもいいけどな。十中八九消し飛ぶぞ。
それに、オレは逃げない。
……父上に、このオレが、背中なんざ向けられるかよ。
アーサー王が目の前にいる!
なら、オレのやることはひとつしかない!
やってやるさ!貴方が英霊となってまでオレを憎むなら!
オレは、何度でも貴方に叛逆するまでだ!
―――アーサー・ペンドラゴン!
  • By モードレッド(投稿者:百合花様)
雷電を、受けて輝く黄金(ゴールデン)―――
誰かがオレを呼びやがる。
魔性を屠り、鬼を討てと言いやがる。
うるせえなァ――
うるせえうるせえ、耳元であれこれ言うんじゃねえ!
いつだってオレァ、オレの斧を振るうまで!
悪鬼を制し羅刹を殴り!
――――輝くマサカリ、ゴールデン!
名乗りたくねえが名乗らせてもらうぜ。
英霊・坂田金時――――ただいまここに見参だ。
そこのド派手な背広組。
その階段は交通違反だ。
無様に家に逃げ帰って、めそめそ女々しく泣き言いいな。
  • By 坂田金時(投稿者:百合花様)
……私は……
……私は、嗚呼、私の世界を夢見てしまったが……
……しかし……それ、とて……
……私の夢を叶えなかった世界であっても……
隣人たちの世界を、終わらせよう、とは、思わない……
  • By チャールズ・バベッジ(投稿者:百合花様)
もういい。フラン。
おまえは言うべきことを言ったし、あいつはあいつで応えた。
よくやった。だが、こういうこともある。
想いが届かず、刃で決着を付けざるを得ない——
そういうことも、な。
あるんだよ。
  • By モードレッド(投稿者:百合花様)
…………それでこそ。
それでこそ、剣を持つ英雄です。
ならば、悪逆を成す者が打ち倒されるのは道理でしょう。
この世すべての悪を斃して。
この世すべての欲に抗って。
この世すべての明日を拓いてみせる者たちよ。
貴方たちの行く手に……
どうか……
真なる、光……を……
  • By ヴァン・ホーエンハイム・パラケルスス(投稿者:百合花様)
忘れたか、俺はアンデルセン。
物語るが故にこそキャスターに区分された英霊だ。
剣と戦いが剣士の本分であるなら、文字と言葉、怠惰と苦悩と愛と恋は作家の本分だ。
即興詩だろうと無茶な締め切りであろうと、本気になればすべてこなしてみせる。
それが作家だ。
中でもオレは創作作家。
想像力でオレに敵う奴はそうそういまい。
弁論も知らない素人如きに口で負けるものか。
  • By ハンス・クリスチャン・アンデルセン(投稿者:百合花様)
おまえは確かに弱いが、地に足のついた弱さだ。
臆病者でも卑怯者でもない、それなりに担ぎ甲斐のある阿呆だよ。
そうだろ、マシュ?
  • By モードレッド(投稿者:百合花様)
生意気にもオレの初撃を受けやがったか!
ようやくらしい使い方しやがったな!
それでいい、行くぜ盾ヤロウ!
仲間を守る時は限界より常に一歩前に出る、だ!


  • By モードレッド(投稿者:百合花様)
アタシの最期なんて知ってるよ。死ぬんだろ?
人生ってのは死ぬコトがわかってからが面白い。
いや、必ず死ぬからこそ、今を楽しく生きたくなる。
アタシ、別に財宝マニアってワケじゃないよ。
ほしいのは金さ。享楽さ。
いずれ死ぬから、とにかく今を楽しく行きたいだけさ!
アンタらのおかげで世界は広いってわかったんだ。
きっと、死ぬ気で旅をしても終わりはない。
アタシはそのほんのちょっと、数多くある道の一つを拓ければそれでいい。
それはなんて幸福で、はた迷惑で、アタシが望んだ通りの終わりなんだろう。
だからいいんだ。
アタシの最期なんて気にしないでおくれ。
  • By フランシス・ドレイク(投稿者:百合花様)
望みがない、なんてのは乱暴な言い方でさ。
そもそも“欲”のない人間なんていないんだ。
人間、誰だって望みは持っているんだよ。
望みがない人間は生きていられないからね。
ただ、それを自覚して生きるのか、一生自覚できないかの違いがあるだけなんだ。
……あのイアソンと同じさ。
あんなヤツでも“理想郷を作る”という望みがあった。
自分を追放し、自分を助けなかった故郷。
それを見返すためなのかどうかわからない。
でも、アイツは自分の国を“平和な国”にすると言った。
支配欲に取り憑かれていた男だったけど、最期の最期で、自分の本当の望みに辿り着いたんだ。
  • By フランシス・ドレイク(投稿者:百合花様)
そっかぁ。
アンタたちと世界一周は無理か、残念。
でもいいよ。
短い間だったけれど、面白可笑しい旅だったからさ。
さ。
行きな。
海の人間にとっちゃ、別れはいつだって唐突だ。
砲弾で吹っ飛ばされて、波にかっさらわれて、挙げ句に行き先を見失って死んでいく。
だからアタシたちは、そんな恐怖を――
いつでも笑って誤魔化すのさ。
  • By フランシス・ドレイク(投稿者:百合花様)
や、そろそろお別れだね。
そちらは色々とタイヘンそうだけど、くじけずに頑張ってくれ。
人間が二人いれば諍いが起きる。
百人いれば競争が、千人いれば対立が。
これはいつの時代も共通する事だ。
キミたちはキミたちの戦いをすればいい。
  • By ダビデ(投稿者:百合花様)
当たった!
ようし、当たるんだったら倒せるさ!
マシュ、コレが正真正銘最後の戦いだ!
ほらほら、しっかりしな!
コイツをぶっ倒すためにやってきたんだろう!?
ならシャンと胸を張りな!
こいつはアンタのための大一番だ!
不敵に笑ってこう返してやんな!
”化け物なんかに用はありません!
いいから素敵な王冠を渡してちょうだい!”ってな!
  • By フランシス・ドレイク(投稿者:百合花様)
所詮は仕えるマスターも選べなかった、戦争屋の人殺しさ。
んじゃあまあ根気比べだ。
オジサンも防衛戦にはちょっとばかり自信があってね。
なんで――総戦力でかかってきな、ガキ。
年期の違いを教えてやるよ
  • By ヘクトール(投稿者:百合花様)
『黄金の鹿号』!
これが最後の航海、最後の海賊だ!
目標はアルゴー号!
連中が持っている財宝はアタシたちの自由の海だ!
ぜんぶまとめて取り返すよ!
  • By フランシス・ドレイク(投稿者:百合花様)
野蛮なだけの勇者ではなく。
自分の弱さを知って、出来得るだけのことをした。
立派なふるまいだったわよ、マスター。
  • By エウリュアレ(投稿者:百合花様)

うん、妥当な作戦じゃないか。
サーヴァントだけじゃなく、君も命を賭けることになるけど。
まあ、人生はそういうものだし。
命を賭けるのなら大抵勝ち目が出てくる。
  • By ダビデ(投稿者:百合花様)
困難ってやつぁ、ぶつからなきゃ始まらないってね。
それに、ここでモタモタしてて向こうが『契約の箱(アーク)』を手に入れちまうと、エウリュアレが狙われるだけだろ?
とにかく船を進ませるよ!
なあに、イアソンが呟いたことが正しければアテがないのは互いに同じさ。
だったら、無能っぽい向こうの船長より、アタシがいる分、こっちにはチャンスがある!
  • By フランシス・ドレイク(投稿者:百合花様)
アステリオス!
誰がなんと言おうと、あなたはアステリオス以外の何者でもないわ
だから――お願いだから。
怪物になりきれなかったことを、悔まないで
それはとても、尊いことなんだから
  • By エウリュアレ(投稿者:百合花様)
う、うん……!
ありが、とう……!
ますたぁ、も、なまえ、よんでくれた。
みんな、かいぶつだと、きらわなかった!
うまれて、はじめて!
うまれて、はじめて、たのしかった…!
ぼくは、うまれて、うれしかった!
えうりゅあれを、よろし、く…!
ぜんぶ、えうりゅあれの、おかげ、で――
ぼくは、えうりゅあれが、だいすき、だ!
  • By アステリオス(投稿者:百合花様)
アタシが非人間だろうと、この小娘の美しさは本物だ!
とくに心が美しい。
アンタみたいに盲目じゃない。
とくれば、アタシらが守るのも当然さ!
エウリュアレはアタシらのお宝だよ!
あんな男に髪の毛一本だってくれてやるもんか!
  • By フランシス・ドレイク(投稿者:百合花様)
ころ、した、ころした、ころした、ころした!
なにもしらない、こどもを、ころした!
ちちうえが、そうしろって。
ちちうえが、おまえはかいぶつだからって!
でもぜんぶ、じぶんのせい、だ。
きっとはじめから、ぼくのこころは、かいぶつだった
でも、なまえを、よんでくれた。
みんながわすれた、ぼくの、なまえ…!
なら、もどらなくっ、ちゃ。
ゆるされなくても、みにくいままでも、ぼくは、にんげんに、もどらなくちゃ…!
  • By アステリオス(投稿者:百合花様)
でも、だれかが、やらなきゃ。
それなら、おれ、がいい。だって、
おれ、かいぶつ。
なんにんも、こどもを、ころした。
なんにんも、なんにんも、なんにんも、なんにんも……!
だから、おれが、いい……!
おれが、たたかう……!
  • By アステリオス(投稿者:百合花様)
いやあ……やっと隙が出来たよな、船長。
まったく、油断ブッこいてる振りして、どこだろうと用心深く銃を握り締めているんだからねえ。
オジサン、まったく感心したぜ。
天才を自称するバカより、バカを演じる天才の方がそりゃ厄介だわ。
  • By ヘクトール(投稿者:百合花様)
船長。
私たちが居なくなったからって自棄を起こさないで頂戴な。
……勝者である事があなたの取り柄。
それまで無くしてしまったら、それこそ私たちが馬鹿みたいでしょう?
  • By アン・ボニー(投稿者:百合花様)
アンタは望みが無いと言った。
そいつはいちばん厄介だ。
だって、無い商品は買えないじゃないか。
アタシはこれでも商人だからねぇ。
顧客を満足させなきゃ三流の烙印を押されちまう。
そいつはカンベン願いたいのさ。
だからまず、アンタの望みになる品物を仕入れなきゃならない。
だがアンタは何も思いつかないと言った。
無いものを手に入れるんだ。
ほら、コイツは難題だろ?
  • By フランシス・ドレイク(投稿者:百合花様)
バカなコト言ってんじゃないよ、アタシゃ死んだヤツに用はないからね!
生きて働いてこそ海賊さ!
  • By フランシス・ドレイク(投稿者:百合花様)
貴様は言った。
世界を滅ぼす、とな。
余にはわからぬ。
なぜ、世界を滅ぼすなどと口にするのだ?
世界は美しいもので溢れている。
花も良い。
歌も良い。
黄金も良い。
愛も良い。
そうとも、何よりも、この世界(ローマ)は余の愛に満ちている!
それなのに貴様は滅ぼすのか?
勿体ないとは思わぬか、アルテラとやら
  • By ネロ・クラウディウス(投稿者:百合花様)
神祖はきっと間違えている。
連合の下にいる民を見よ。兵を見よ。
皆、誰ひとり笑っていない!
いかに完璧な統治であろうと、笑い声のない国があってたまるものか!
  • By ネロ・クラウディウス(投稿者:百合花様)
……許さぬ。
死から蘇った血縁であろうと……。
過去の名君であろうと……。
古代の猛将であろうと……。
伝説に名高き、大王そのひとであろうとも……。
今!
この時に皇帝として立つ者は、ネロ・クラウディウスただひとりである!
民に愛され、民を愛することを許され、望まれ、そう在るのはただ独り!
ただ一つの王聖だ!
ただひとつだからこその輝く星!
ただひとりだからこそ、全てを背負う傲慢が赦される!
たとえローマの神々すべてが降臨せしめて連合へ下れと言葉告げようとも、決して退かぬ!
退くものか……!
そう信じて踏破するのが我が人生、我が運命!
退かず、君臨し、華々しく栄えてみせよう!
余こそが!
紛う
  • By ネロ・クラウディウス(投稿者:百合花様)
ネロ……ネロ……。
我が、美しき、姪、よ……。
おまえ……は……。
とて、も……うつく、し、い……。
月の、女神……より、も……。
聖杯の……輝き、より、も……だ……
  • By カリギュラ(投稿者:百合花様)
最早、貴様は我が伯父上ではない!
伯父上は既に死んだのだ。
無念の死であったろうと、余は今も思わずにはおれぬ。
しかし、しかし!
死に迷い、余の前に姿を現すならば!
引導を渡してくれる。
それが姪として、正しき皇帝としての使命と知れ……!
  • By ネロ・クラウディウス(投稿者:百合花様)
さて。
ネロ。
皇帝よ。
貴様の苦難は私の望みではないが。
私にも、戦わねばならない理由がある。
あの聖杯は、私も手にしたい。
聖杯を手にすれば、サーヴァントには、あらゆる願いが果たされるという——
既に死している身ながら欲深いことだが、あれと交わした約定を果たさねばならんのでな。
  • By ガイウス・ユリウス・カエサル(投稿者:百合花様)
皇帝ネロとローマをあたしは絶対に許さない。
そう、ケルトの神々に誓いもした。
……そんなあたしが、現界した。
まさか、自分が死んだ直後のこの時代に。
復讐の機会かな、とも思ったんだけどねー。
連合に食い荒らされる此処(ローマ)を見てたら……。
体が勝手に動いちゃって。
ネロ公のためじゃない、其処に生きる人々のためにね。
……それとも、復讐のために殺し尽くしたはずのロンディニウムの連中に、すまないと思ってたのか。
自分のことなのに、よくわからないの。
でも考えてみれば、あたしはずっとそうだったし。
あたしは守るために戦う性格なんだと思う。
それがいちばん向いてるっぽいのよね。
  • By ブーディカ(投稿者:百合花様)
ジル。
もう、いいんです。
もう大丈夫です。
休みなさい。
貴方はよくやってくれた。
右も左も分からぬ小娘を信じて、この街の解放まで。
……今の貴方がどうあれ、私はあの時の貴方を信じている。
大丈夫。
私は最後の最後まで、決して後悔しません。
私の屍が、誰かの道へ繋がっている。
……ただ、それだけで良かったんです。
  • By ジャンヌ・ダルク(投稿者:百合花様)
…………そう、そうですね。
確かにその通りだ。
貴方が恨むのは道理で、聖杯で力を得た貴方が国を滅ぼそうとするのも、悲しいくらいに道理だ。
そして私は——それを止める。
聖杯戦争における裁定者、ルーラーとして。
貴方の道を阻みます。
ジル・ド・レェ……!
  • By ジャンヌ・ダルク(投稿者:百合花様)
貴女は赦すだろう。
しかし、私は赦さない!
神とて、王とて、国家とて……!!
滅ぼしてみせる。
殺してみせる。
それが聖杯に託した我が願望……!!
我が道を阻むな、ジャンヌ・ダルクゥゥゥッ!!
  • By ジル・ド・レェ(投稿者:百合花様)
……さようなら、私の未来。
悲しいくらいに分離してしまった、もう一人の自分。
だからって罪が軽くなる訳でもないし、私への恐怖が無くなることもない。
それでも、私は————何度でも未来を否定するし、何度でも唄うのよ。
  • By エリザベート・バートリー(投稿者:百合花様)
未来が過去を否定するのではなく。
過去が未来を否定するなんて。
——何て出鱈目な少女なのかしら。
でも、だからこそ……
鬱陶しいぐらい、眩しいのね。
ああ……暗がりの中に戻るよう。
最後の瞬間……レンガの隙間に見えた、あの光————
ああ、そう……やっぱり私は————
生きても死んでも、ひとりきりというワケね————
  • By カーミラ(投稿者:百合花様)
……そうよ。
アンタは私の本性。
私の結末。
私の、どう泣き叫んでも変えられない罪の具現。
アンタを否定するって事は、自分の罪から目を背ける事と同じでしょう。
でも、だからといって自分の不始末を放っておけない!
これがどんなに醜い自己欺瞞でも、私は叫ぶわ!
私は、私はアンタみたいにはなりたくないって!
  • By エリザベート・バートリー(投稿者:百合花様)
バカめ、正義がなんだって?
そんなものに拘っていたのかおまえは。
……まったく辛気くさい。
これだから、毎日人殺しを考えなくちゃいけない仕事なんて無くすべきなんだ。
じゃあな、サンソン。
次があるならイヤというほど鎮魂歌を聴かせてやるよ。
だっておまえ、実のところ僕の鎮魂歌の大ファンだったりするんだろう?
  • By ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(投稿者:百合花様)
——ここで、終わりか。
余の夢も、野望も、またも潰えるか……。
ふん。
そして此度もまた“竜殺し”が関わるとはな。
皮肉なものよ。
なるほど、彼奴らめの言う通りか。
余は“悪魔(ドラクル)”。
ならば、悪魔を殺し竜を滅ぼすサーヴァントに関われば、堕ちるのは自明の理か。
良い、許す。
そして、そこのマスターよ。
この戦場の只中でなお、己を見失わぬ男よ。
次こそは余を召喚するがいい。
であれば、その時こそ我が槍の真髄を見せてやろう。
護国の槍——
民を守る武器は、さぞ貴様の手に映えるだろう——
  • By ヴラド三世(投稿者:百合花様)
……来たか。
堕落し、浅ましい姿を晒すことは恥ではない。
しかし、敗北は何よりの恥だ。
聖杯を求め、傀儡にこの身を貶めてもなお——。
余は不死身の吸血鬼を謳おう。
それが虚構であろうとも、余にはそれしか残されておらぬのだからな。
  • By ヴラド三世(投稿者:百合花様)
撃て!
ここがフランスを守れるかどうかの瀬戸際だ!
全砲弾を撃って撃って撃ちまくれ!
恐れるな!
嘆くな!
退くな!
人間であるならば、ここでその命を捨てろ!
もう一度言う!
恐れることは決してない!
何故なら我らには——。
聖女がついている。
  • By ジル・ド・レェ(投稿者:百合花様)
覚えておいてほしい。
どうあれ、お別れの時は笑顔がいちばんなんだってね。
  • By ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(投稿者:百合花様)
人間が人間であるかぎり、最後に悪は滅びるのさ。
だってそうしないと人類は繁栄できない。
悪とは即ち、生命の繁栄における障害だ。
それがあってはその種は生き残れない、というね。
その“悪”を排除できなかった時こそ、人間が滅びる時だ。
僕は単純にそう思う。
  • By ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(投稿者:百合花様)
人間は汚いし醜い。
僕の結論は変わらない。
輝くような悪人も、吐き気をもよおす聖人もいる。
だから君も、自分の未来を恐れる必要はない。
君は世界によって作られ、君は世界を拡張し、成長させる。
人間になる、とはそういうコトだ。
君はまず多くのものを世界から受け取って、その後、思うままに世界に返せばいい。
それがどんな結果になるか悩むのは、その後の問題だよ。
  • By ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(投稿者:百合花様)
何を好きになり、何を嫌いになり、何を尊いと思い、何を邪悪と思うか。
それは君が決める事だ。
他人の言いなりになる事でも、周りに合わせて考える事でもない。
人間は多種多様だ。
同じ価値観は一つもない。
僕たちは多くのものを知り、多くの景色を見る。
そうやって君の人生は充実していく。
いいかい。
君が世界を作るんじゃない。
世界が君を作るんだ。
そして成長した君はいつか、この世界を越えなくてはいけない。
どのようなカタチであれ、自分がいた証を残すんだ。
  • By ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(投稿者:百合花様)
確かにわたしは処刑されたわ。
嘲笑もあったし、蔑みもあったわ。
でも――だからといって、殺し返す理由にはなりません
わたしは民に乞われて王妃となった。
民なくして王妃は王妃と呼ばれない。
だからあれは当然の結末だった。
彼らが望まないのなら、望まなくとも退場する
それが国に従える人間の運命(さだめ)。
わたしの処刑は、次の笑顔に繋がったと信じている。
いつだって、フランス万歳(ヴィヴ・ラ・フランス)!
星は輝きを与えて、それでよしとすればいい。
  • By マリー・アントワネット(投稿者:百合花様)
哀しいわね、シャルル=アンリ・サンソン。
再開した時に言ってあげれば良かった。
あの時、既にあなたとの関係は終わっていたって。
だって、本当に——
あなたの刃は錆び付いていたんだもの。
あなたはこの間違ったフランスで多くの人間を殺してきた。
殺人者としての切れ味を増していった。
でも、処刑人と殺人者は違うのよ、サンソン。
人を殺すのが巧くなれば巧くなるほど——
罪人を救うという、処刑人(あなた)の刃は錆び付いていく。
あなたは竜の魔女についた時点で、もうわたしの知っているサンソンではなかったのね。
  • By マリー・アントワネット(投稿者:百合花様)
わたしはフランスの王妃。
ここからは「未来」でも、わたしにとっては「過去」も「現実」もそれほど違いはありません。
市民を守ることはわたしにとっても大切な使命。
そして貴方には、大局を動かす役目が与えられています。
聖人ゲオルギウス。
ジャンヌ・ダルクと共に”竜殺し(ドラゴンスレイヤー)”の呪いを解いてください。
マリー・アントワネットの名にかけて。
この街は、わたしが必ず守りますから。
  • By マリー・アントワネット(投稿者:百合花様)
彼女に向ける情熱はもうない。
彼女は僕の運命にとって、特別な分岐だっただけさ。
……そうだな。
もし僕にまっとうな人生があったのなら、その分岐はあのプロポーズだ。
君たちの言う人類史の礎石と同じだよ。
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトという男は、どんな選択をしようとこうなるだろう。
たとえ何があろうとも。
どんな恋人に出会い、どんな友人を得て、どんな幸福を掴もうとも。
僕はこんなふうに音楽に身を捧げて、人間としての徳をすべて切り捨てるクズになった。
でも、ただひとつ。
そんな僕の運命をもし変える人間がいたのなら、それは彼女だったのでは、とも思うんだ。
  • By ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(投稿者:百合花様)
人間ってむつかしいのね。
結局死ぬまで、ううん、死んでも愛には届かなかったわ。
でも今はそれでいいと思うの。
わたしはマリー・アントワネット、フランスに恋された女だものね!
じゃあね、アマデウス!
行ってくるわ!
帰ったら久しぶりに、貴方のピアノを聞かせて頂戴!
  • By マリー・アントワネット(投稿者:百合花様)
——さて。
我が耳に届くは複数の足音と、鞘から抜かれた剣の音。
まことに無粋かつ大雑把。
僕の音楽は馬鹿共に届けるためのものではないが——
せっかくここまでやってくるんだ。
即興の安物だが、死神の歌を聞いていけ……!
  • By ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(投稿者:百合花様)
生き物っていうのは活動するだけで汚いものだぞ?
その真実と向き合ってはじめて音楽は完成する。
人生とはこれ汚濁であり、これを洗浄する行為だ。
  • By ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(投稿者:百合花様)
生前の私は聖女なんてものではなかった。
私はただ、自分が信じた事のために旗を振って、その結果、己の手を血で汚しました。
……もちろん、そこに後悔はありません。
結果、異端審問で弾劾されたことも——私の死も。
ですが流した血が多すぎた。
田舎娘は自分の夢を信じた。
けれど——
その夢の行き着く先がどれほどの犠牲を生むものか、その時まで想像すらしなかった。
後悔はなかったけれど、畏れを抱く事もしなかった。
……それが私のもっとも深い罪です。
私が聖女と呼ばれたのはあくまで結果論です。
そんな小娘を聖女と呼ぶのは、どこか違うと思うのです
  • By ジャンヌ・ダルク(投稿者:百合花様)

わからないことは、わかるようにする。
それがわたしの流儀です。
だから今の貴女を見過ごせない。
ああ、ジャンヌ・ダルク。
憧れの聖女!
今のわたしにわかるのは、貴女はただ八つ当たりしているだけということ。
理由は不明、真意も透明。
何もかも消息不明だなんて、日曜日にでかける少女のようでしてよ?
そんな貴女に向ける礼はありません。
わたしはそこの、何もかも分かりやすいジャンヌ・ダルクと共に、意味不明な貴女の心を、その体ごと手に入れるわ!
  • By マリー・アントワネット(投稿者:百合花様)
優雅ではありません。
この街の有様も。その戦い方も。
思想も主義もよろしくないわ。
貴女はそんなに美しいのに、血と憎悪でその身を縛ろうとしている。
善であれ悪であれ、人間ってもっと軽やかにあるべきじゃないかしら?
  • By マリー・アントワネット(投稿者:百合花様)
私はもう騙されない。
もう裏切りを許さない。
そもそも、主の声も聞こえない。
主の声が聞こえない、という事は、主はこの国に愛想をつかした、という事です。
だから滅ぼします。
主の嘆きを私が代行します。
すべての悪しき種を根元から刈り取ります。
人類種が存続するかぎり、この憎悪は収まらない。
このフランスを沈黙する死者の国に作り替える。
それが私。
それが死を迎えて成長し、新しい私になったジャンヌ・ダルクの救国方法です。
まあ、貴女には理解できないでしょうね。
いつまでも聖人気取り。
憎しみも喜びも見ないフリをして、人間的成長をまったくしなくなったお綺麗な聖処女さまには!
  • By ジャンヌ・ダルク(オルタ)(投稿者:百合花様)
わたしもジャンヌさんと同じです。
デミサーヴァントですので、英霊としての力をフルに発揮できている訳ではありません。
それでも、わたしの内側にいる英霊は「それで良い」と言ってくれた。
そして先輩——マスターは、こんなわたしを信頼してくれています。
……うまく言えませんが、先輩は“強いから”戦っているのではありません。
あの人は当たり前に、当たり前の事をしているんだと思います。
だから、大丈夫だと思うんです。
その、根拠はまったく何もないのですが。
  • By マシュ・キリエライト(投稿者:百合花様)
人々に担ぎ上げられ、人々の旗にされ、人々に利用され、人々に見捨てられた——
だからこそ貴方は正しい。
この地上の誰が、何が。
貴方のその本心を裁く事ができるのでしょう……?
  • By ジル・ド・レェ(投稿者:百合花様)
残念。
救いは品切れです。
この時代にはまだ免罪符もありませんし。
さあ——足元からはじめましょうか。
私が聖なる焔で焼かれたならば。
おまえは地獄の焔で、その身を焦がすが良い。
  • By ジャンヌ・ダルク(オルタ)(投稿者:百合花様)
X師匠にとってわたしは使えないセイバー!
本来、見捨ててしかるべき騎士だったのです!
なのに師匠は私を鍛えてくださいました!
私の夢を笑わなかった!
X師匠の目的が何だろうと、私は師匠の味方です!
そして―――この聖剣(つるぎ)は愛する人々を守るために輝くもの!
剣を構えろ、ヒロインZ……ッ!
セイバー・リリィが貴様に引導を渡してやる!
  • By アルトリア・ペンドラゴン〔リリィ〕(投稿者:百合花様)
真実が常に正しいこととはかぎらないように、
正解に気づいても悲劇を回避できるワケじゃない。
  • By ロマニ・アーキマン(投稿者:百合花様)
余興とはいえこれは宴。
であれば―――
道化であれ、本気で掛からねば面白くも何ともあるまい。
国を護る者ならば祭りの重要性は理解している。
娯楽無くして人の世は治まらぬもの。
  • By ヴラド三世(投稿者:百合花様)
心の底からの願いであれば口にするがいい!
淋しいから欲しい、では話にならん!
楽しそうだから欲しい、欲しいから欲しい、とな!
さあ、勇気を見せてみろ!
  • By アルトリア・ペンドラゴン〔サンタオルタ〕(投稿者:百合花様)
飛びなさい、彼方の空へ____お前は、たとえ残骸であろうとも
  • By メリュジーヌ(投稿者:Matthew様)
私の國はどうですか?
美しい國でしょうか
夢のような國でしょうか
そうであればこれに勝る喜びはありません。妖精國ブリテンにようこそお客様。
どうかこの風景が、いつまでもあなたの記憶に残りますように。
  • By モルガン(投稿者:藤丸立香様)
このブリテンで、唯一、唯一おまえだけが、私に感謝をしてくれた。必ず救う。お前だけは必ず救ってみせる。
次代のお前が妖精どもに拾われる前に、
必ず見つけだす。そしてーーー
今度こそ、幸福に。
悪逆に生きるがいい。残忍に生きるがいい。お前はそうでなければ生きられない。たった一度、たった一度でいいのだ。お前が幸福である生き方ができるのならーーーー
私はその為に、私の夢を捧げても良い。
  • By モルガン(投稿者:藤丸立香様)
よく後の祭りと言うだろ?
まったくもってその通りだ
せめて最後くらいは盛大に奉ってやるよ
  • By オベロン・ヴォーティガーン(投稿者:藤丸立香様)
ーーーせめて、ブリテンを、まもって
私たちは、滅びるしかない生き物、でした。とても、とても罪深いーーー
それでも、ブリテンを、妖精國を、守って、ください。
〘 大厄災〙で、当然のように、滅びるのではなく。
・・・この年が、終着駅で・・・゜
それがゴールだったと、滅びるようにー
・・・甘えて、いいかしら、コヤンスカヤ。私と同じ、この世界で一人きりの、同胞のいない、寂しいアナタにーー

「ブリテンを真の意味でお守りする」
発注、承りました。
  • By ムリアン & コヤンスカヤ(投稿者:藤丸立香様)
ああ、けどーーー
架空のきみ。ひねくれもののオベロンを愛したティターニア。
きみのために汎人類史を無くすという
僕の願いは、叶わなかったな。
  • By オベロン・ヴォーティガーン(投稿者:藤丸立香様)
あなたは たとえ ひとりでも
かならずほしを さがすでしょう
  • By ノクナレア(投稿者:藤丸立香様)

神代は終わり、西暦を経て人類は地上でもっとも栄えた種となった
我らは星の行く末を定め、星に碑文を刻むもの
人類をより長く、より確かに、より強く繁栄させる為の理――人類の航海図
これを魔術世界では『人理』と呼ぶ
俺の名前は藤丸立香! 多くの人達にたすけられ、多くの人達の代わりにここにいる、カルデアのマスター!
  • By 藤丸立香(劇場版)(投稿者:タルト様)
遥かな過去ら遥かな未来に輝いた誰かの人生。それを何千年もたった今受け取る。いい旅ね。
  • By イシュタル(投稿者:トロピカルハンマー様)
神代は終わり、西暦を経て人類は地上でもっとも栄えた種となった
我らは星の行く末を定め、星に碑文を刻むもの
人類をより長く、より確かに、より強く繁栄させる為の理――人類の航海図
これを魔術世界では『人理』と呼ぶ。
彼らカルデアはこれを守ることを尊命とし、それを守ってきた。
俺の名前は藤丸立夏。多くの願いを受けここにいるカルデアのマスター。
勝負だ!ゲーティアァ!
  • By 藤丸立夏(投稿者:あれで泣かないマスターはマスターじゃない様)
  • 1

Fate Grand Order(FGO)とは?

西暦2010年。カルデアに赴任する事になったロマニ・アーキマン。彼はある少女の主治医となる。「先輩」という言葉に興味を持つ召喚例第二号の少女マシュ・キリエライト。ふたりのふれあいは、マシュにひとつの望みを抱かせた。その望みは、波紋となって拡がっていく。それは君の物語であり、誰かの物語。未来を紡ぐ旅、その始まりの物語。

Fate Grand Order(FGO) 登場人物名言

Fate Grand Order(FGO) タグクラウド

タグを選ぶと、そのタグが含まれる名言のみ表示されます!是非お試しください(。・ω・。)

Fate Grand Order(FGO) 人気名言

なればこそ、お前の行く手に我(オレ)が立ちはだかるに必然であったな。   

征服王。

さあ、見果てぬ夢の結末を知るがいい。

この我(オレ)が自ら理を示そう。

さあ、目覚めよエアよ! お前に相応しき舞台が整った。

いざ仰げ!!天地乖離す開闢の星(エヌマ・エリシュ)を!!!!
  • By ギルガメッシュ & アーチャー(投稿者:邪王真眼様)
正義の味方?誰も傷つかない世界だと?おかしな事を。
誰も傷つかず幸福を保つ世界などない。
人間はとは犠牲がなくては生を謳歌できぬ獣の名だ。
平等という奇麗事は、闇を直視できぬ弱者の戯言にすぎぬ。
----雑種。お前の理想とやらは、醜さを覆い隠すだけの言い訳にすぎん。
  • By ギルガメッシュ(投稿者:ホルスト様)
忠道、大義である
夢、その在り方を損なうな
  • By ギルガメッシュ(投稿者:バーサーCAR様)
聞け!
この領域に集いし一騎当千
万夫不倒の英霊たちよ!

本来相入れぬ敵同士
本来交わらぬ時代の者であっても
今は互いに背中を預けよ!

人理焼却を防ぐためではなく
我らが契約者の道を開くため!

我が真名はジャンヌ・ダルク!
主の御名のもとに
貴公らの盾となろう!
  • By ジャンヌ・ダルク(投稿者:ジャンス・グルタ様)
ミス・マシュ。夢と願いは違います。
私の願いは夢ではありません。
夢という単語にした瞬間、人はそれを
遠くにあるものと勘違いしがちです。
限りなく現実を睨み、数字を理解し、
徹底的に戦ってこそ
願ったものへの道は拓かれる。
嗚咽を踏みにじり、諦めを叩き潰す。
それが人間に許された唯一の歩き方です。
  • By フローレンス・ナイチンゲール(投稿者:藍色様)

本サイトの名言ページを検索できます(。・ω・。)

人気名言・キャラ集

テガミバチ 名言ランキング公開中!

テガミバチ 名言

ファンタシースターオンライン2 名言ランキング公開中!

ファンタシースターオンライン2 名言

DAYS 名言ランキング公開中!

DAYS 名言

[鬼滅の刃] 堕姫 名言・名台詞

堕姫 名言

[ワールドトリガー] 烏丸京介 名言・名台詞

烏丸京介 名言

[東京喰種トーキョーグール] 霧嶋董香 名言・名台詞

霧嶋董香 名言

今話題の名言

自分が損するだけなら、その方がいいんだ、私
  • [ニックネーム] ORANGE
  • [発言者] 高宮菜穂
人が本気で挑戦して努力して
成せないことなんてこの世には1つもないよ
途中で挑戦をやめるから、負けたように映るんだ
敗北も挫折も失敗も、丸ごと全部飲み込め
全て次の勝利への一部なんだ

無駄なんかじゃない、あんたが頑張ってきたこと全て
  • [ニックネーム] マネージャー
  • [発言者] 生方千加子
あいつが無事でいないとおれはダメなんだ。
  • [ニックネーム] ばなな
  • [発言者] ばなな
今 僕のいる場所が
探してたのと違っても
間違いじゃない
きっと答えは一つじゃない
  • [ニックネーム] Any
  • [発言者] Mr.Children
かっぷやきそば現象!
  • [ニックネーム] Sts
  • [発言者] 南千秋
己の意志を持たない、
精霊様に与えられた大切な贈り物を他人に譲り渡して、
考えることを止めた虫です。

それがどんなに安逸な道であっても、
宝物を譲り渡した者は虫になるのです。

わたしは虫を軽蔑します。
わたしは虫にはならない。
わたしは“人間”だからっ!!
  • [ニックネーム] さくら ふぶき
  • [発言者] メイド姉(姿は魔王)
別れは決して悲しいことではない。
何故なら、それまでの思い出は永遠に居続けるから。
それでも、もし辛くなって涙がでたりするのならば、それは喜ばしいことだ。
その悲しみは出会う事がなければ、持つことすらできなかったものだから。
  • [ニックネーム] ユル猫
  • [発言者] 妖
一度愛されてしまえば
愛してしまえば
もう忘れることなど
出来ないんだよ
  • [ニックネーム] み
  • [発言者] 露神
今……オレがお前に拳を向ける動機は 二つ
一つは出来たばかりの素敵な友達を護るためで―――
もう一つは只の……変えられない俺の―――
習慣だ 覚悟しろ
  • [ニックネーム] お茶
  • [発言者] 鬼塚慶次
拒絶されるって分かってても、受け入れられないかもって
不安でも、フラれたら超傷つくって分かってても
想いってのは、伝えなきゃなんねぇんだよ
  • [ニックネーム] OREIMO
  • [発言者] 高坂京介

コメント投稿

ニックネーム*
コメント*
 

コメント一覧

エミヤァ!
Aug/22/2020 (Sat) 01:54:23
少年は言った
死んでいく人を見たくない。
苦しむ人全てを助けることができないか、と。
少年が斬り伏せたのは自分自身
信じていくもののために剣を振るった
戦いは終わり振り返る道など無い。
だが…答えは得た
後悔はある
やり直しなど何度望んだか分からない
この結末は未来永劫エミヤは呪い続けるだろう
それでも…俺は間違えてなど居なかった
Byエミヤ
Dec/15/2019 (Sun) 20:58:20
俺は俺。俺のやり方で、俺のやりたいようにやる。