[Fate/Zero] セイバー(せいばー) 名言・セリフ集 ~心に残る言葉の力~

名言・セリフ集一覧

セイバー, 名言
  • 1
イスカンダル、貴様とて・・・・・・世継ぎを葬られ、
築き上げた帝国は三つに引き裂かれて終わったはずだ。
その結末に、貴様は、何の悔いもないというのか?
今一度やり直せたら、故国を救う道もあったと・・・・・・
そうは思わないのか?
ない
余の決断、余に付き従った臣下たちの生き様の果てに
辿り着いた結末であるならば、その滅びは必定だ。
痛みもしよう。涙も流そう。だが、決して悔やみはしない。
そんな―――
ましてそれを覆すなど!
そんな愚行は、余と共に時代を築いた
すべての人間に対する侮辱である!
  • [ニックネーム] ホルスト
  • [発言者] セイバー & ライダー
私の時代の、私の国では……
海の彼方は、つねに夷狄の押し寄せてくる場所でしたから。
忌々しく思うことはあっても、憧れたことはありません。
  • [ニックネーム] EnD
  • [発言者] セイバー
アイリスフィール、貴女は必ず生き残ります。最後まで私が守り抜く。
この剣の誇りに懸けて
  • [ニックネーム] aaa
  • [発言者] セイバー
王ならば……孤高であるしか…………ない…
  • [ニックネーム] 正義の味方
  • [発言者] セイバー
エクスッカリバー
  • [ニックネーム] 邪気眼少女
  • [発言者] セイバー
これは人の気持ちが分からない王
に課せられた罰だったのかもしれない…
  • [ニックネーム] 遊夢
  • [発言者] セイバー

私とて、この街を歩くのは初めての経験ですが―それでもエスコートは騎士の役目です。及ばずながら努力します。さあ、どうか。
  • [ニックネーム] ホルスト
  • [発言者] セイバー
  • 1

こちらのページも人気です(。・ω・。)

セイバーの関連名言グループ

セイバーの関連人物名言

セイバー の人気名言

私の時代の、私の国では……
海の彼方は、つねに夷狄の押し寄せてくる場所でしたから。
忌々しく思うことはあっても、憧れたことはありません。
  • [ニックネーム] EnD
  • [発言者] セイバー
アイリスフィール、貴女は必ず生き残ります。最後まで私が守り抜く。
この剣の誇りに懸けて
  • [ニックネーム] aaa
  • [発言者] セイバー
王ならば……孤高であるしか…………ない…
  • [ニックネーム] 正義の味方
  • [発言者] セイバー
エクスッカリバー
  • [ニックネーム] 邪気眼少女
  • [発言者] セイバー
これは人の気持ちが分からない王
に課せられた罰だったのかもしれない…
  • [ニックネーム] 遊夢
  • [発言者] セイバー
私とて、この街を歩くのは初めての経験ですが―それでもエスコートは騎士の役目です。及ばずながら努力します。さあ、どうか。
  • [ニックネーム] ホルスト
  • [発言者] セイバー

本サイトの名言ページを検索できます(。・ω・。)

Pick Up 名言グループ:地獄先生ぬ~べ~

地獄先生ぬ~べ~ 名言

Pick Up 名言グループ:神撃のバハムート

神撃のバハムート 名言

Pick Up 名言グループ:猫の恩返し

猫の恩返し 名言

Pick Up 名言グループ:喰う寝るふたり住むふたり

喰う寝るふたり住むふたり 名言

Pick Up 名言グループ:ディアホライゾン

ディアホライゾン 名言

Pick Up Character : [Steins;Gate] 椎名まゆり

椎名まゆり 名言

Pick Up Character : [はがない] 三日月夜空

三日月夜空 名言

Pick Up Character : [僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)] オールマイト

オールマイト 名言

Pick Up Character : [恋と嘘] 真田莉々奈

真田莉々奈 名言

Pick Up Character : [おそ松さん・おそ松くん] カラ松

カラ松 名言

ピックアップ名言

ならば、強く願え。 もっと強く、猛々しく、目の前の敵を倒し、大切な人を守りたいと、その五臓六腑と手足、指の先にまで命令しろ!
運命など幻想、神の力など無力!
サイコロの目を決めるのは天でも、神でも、ましてや偶然でもない!
それはあなたの意志、全てを打ち貫こうとする、誰にも負けない意志の力ッッ!!
  • [ニックネーム] 羽入萌え
  • [発言者] 羽入
“青春ぜんぶ懸けたって強くなれない”?
懸けてから言いなさい。
  • [ニックネーム] 万年B級
  • [発言者] 原田秀雄
待て、まだだめだ、待ってくれ!俺だけじゃだめなんだ!
俺、会いたかった!ずっとお前に会いたかった!
お前の名前呼びたかった!
おまえに謝りたかった。好きだって言いたかった。

でも、みんな同じだった。
みんなお前が好きだった!
みんなお前に会いたかった!
みんながおまえを、俺たちを待ってるんだ!
あの、俺達の場所で!
  • [ニックネーム] (´Д⊂ヽ
  • [発言者] 宿海仁太(じんたん)
『独占』『顕示』『支配』『優越』『承認』
ー欲望にはきりがない
それらを一身に浴びる享楽もまた同じ 欲の沼
  • [ニックネーム] クズ本
  • [発言者] 安楽岡花火
俺だって悔しいよ。悔しいに決まってる。そんなの悔しいに決まってるだろ!! ……俺が何をしたっていうんだ。別に目が眩むような大金がほしいとか、馬鹿みたいな権力を牛耳って王国を作りたいなんて望んでいる訳じゃない。ただ、いつもと同じように学生寮で目を覚ま して、インデックスのご飯を作って、学校へ行って、放課後に友達と遊んで……そんな当たり前のものを取り戻したかっただけなんだ。な のに、どうしてそれだけで絶対悪なんて呼ばれなくちゃいけないんだ! 大勢の人の命を天秤にかけなくちゃならないような場所に立たされ なくちゃいけないんだよ!! こんなの馬鹿みたいだ。俺一人を苦しめるために地球人口六十億人をくまなく救い終えるなんてオティヌスの 野郎は完全にスケールが狂ってる! ちくしょう、どうして俺ばっかりこんな目に遭わなくちゃいけないんだ。何が『不幸』だよ、ちくしょ う!! 今まではそれでものらりくらりとかわして騙し騙し折り合いをつけてきたんだ。なんとかバランスを取ってやってきていたんだ! そ れをあいつは全部ぶっ壊した。悔しいに決まってるだろ! 何の意味もなくたって、周りのみんなにとっては自分が救われれば後は誰がやろ うと構わなくたって、それでも悔しいに決まってるだろ!! 血反吐を吐いて涙交じりにどうにかこうにか乗り越えてきた道を、オティヌス
のヤツはまるで遊びか何かみたいにあっさりまたいでいきやがった! 全部あいつに奪われた!! 文句を言うのも馬鹿馬鹿しいくらい鮮やか に、俺が持っていたもの、歩んできた道のり、とにかく全てだ! ……何なんだよ、くそ……。あんな方法があるなら、どうして最初からみ んなを助けなかった!?あんな方法が許されたとしても、どうしてそれを真摯に振るわない!? どうせこんなの長くは続かない。オティヌスは飽きたらこんな世界だってあっさり消し飛ばしてしまうに違いない。簡単に作れるって事は、簡単に壊せるって事だからな。だけど、こ れ以上のものを俺はあ作れない。どんなにイチャモンつけようが、結局はオティヌスのヤツが『槍』を一回振ってみんなを笑顔にすれば、 それだけで決着がついてしまう。誰かがジャッジを下すんじゃない。俺が! 俺自身が!! オティヌスには逆立ちしたって敵わないんだってだけど、そうやって乗り越え ていくごとに、人の輪は大きくなっていった。人の繋がりが、何となくこれには意味がある事なんだって錯覚させた!! その結果がこれだ 。俺は全部奪われた。アンタの言う通り、もしも誰かがこれを知ったら、俺のために駆けつけてくれるかもしれない。すべてをかなぐり捨 てて、オティヌスが管理運営する世界の全てと敵対してでも味方になってくれるかもしれない。だけど! そんなのにはもう意味なんかない んだ!! 最初から、意味なんか何にもなかったんだよ。そんなちっぽけな幻のために、失われた命が戻ってきたなんて神様の奇跡みたいな状況を放棄するなんて絶対に駄目だ。俺だって、もっとはしゃいでいたかったよ。自分が置かれた状況が、どれだけ居心地の良いものだったかなんて、今の今まで知ろうともしなかった。例えばこれがまだ結果の出る前の話で、オティヌスがこれから失われた命を生き返らせて やるなんて提案をされたら、俺だって適当な綺麗ごとを並べて突っぱねたかもしれなかったよ。彼らの死にだって意味はあったとか、人の命はそんなに簡単に左右していいものじゃないとか、美辞麗句を並べてな! だけど、もう、結果は出ているんだ。今から全てを『元に戻す』って事は、ここで何も知らずに笑っている人達をもう一度自分の手で殺すことと何も変わらないんだ!! 良いか、どんなに言い訳を重ね たってこの事実は何も変わらない。俺が! 俺がこの手で選んだ選択が! 彼らを一人残らず殺すんだよ!! そんなの、もう、どうにもなら
ないじゃないか。事件も借金も失恋もない世界を取り上げて何になる!? 仮にオティヌスを倒して、全てを『元に戻して』、生きているは ずのない人間を正しく奇麗に殺戮し尽くしたとして、その先に俺が思い浮かべている、あの日あの時の世界なんか待っているのか? 俺は何 も知らずにいつもの時間を過ごしている人達の前で、どんな顔をすれば良いんだ。笑っていれば良いのか。何も知らない人達の前で、全て を知っている俺が、何も知らない体で馬鹿みたいに笑っていれば良いのかよ!! ふざけんな!! どのみち、もう、何も残らない。オティヌスが勝とうが負けようが、俺が生きようが死のうが『元』なんて戻ってこない!! どこに転がってどんなふうに結末を迎えようが、何にし たって成功はしないんだ。何を選んだって失敗しかなくて、結局はどこかに不満が残って、やがて全ては瓦解していく。それだったら戦う意味なんかねえだろ!! 奇跡みたいな状況を壊してどうするんだよ!! どっちに傾いても破滅しかないなら、もうオティヌスの勝ちって事で良いだろ。あとは救われた人数で決めてしまえば良いだろう!! 俺とオティヌス、どっちが多くの人間を助け出せるかって質問があった ら、そいつは間違いなくオティヌスの方が上に決まっているんだから!! 俺なんかじゃ敵わないって事くらい最初っから分かっているんだから!! それ以外に一体何ができるんだ。こんなっ、こんなの、ここまでやられて前なんか一歩でも進める訳がねえだろうが!!!!!!
  • [ニックネーム] 1030
  • [発言者] 上条当麻