[ベイビーステップ] 槇原真純(まきはらますみ) 名言・セリフ集 ~心に残る言葉の力~

名言・セリフ集一覧


こちらのページも人気です(。・ω・。)


  • 1
  • 1

槇原真純とは?

現在更新中です、今しばらくお待ち下さい(。・ω・。)

槇原真純の関連名言グループ

槇原真純の関連人物名言

槇原真純 の人気名言

本サイトの名言ページを検索できます(。・ω・。)

人気名言・キャラ集

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 名言ランキング公開中!

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 名言

恋物語 名言ランキング公開中!

恋物語 名言

ブブキ・ブランキ 名言ランキング公開中!

ブブキ・ブランキ 名言

[クジ砂] オウニ 名言・名台詞

オウニ 名言

[ReLIFE] 天津心 名言・名台詞

天津心 名言

[ワンパンマン] 無免ライダー 名言・名台詞

無免ライダー 名言

今話題の名言

君には大切な人がいますか?
人は・・・大切な何かを守りたいと思ったときに
本当に強くなれるものなんです
  • [ニックネーム] とむ
  • [発言者] 白
アンタはっ、ただの臆病だっ!!

うっ・・・。

傷つくのも傷つけるのもっ、アンタは怖いんだっ!!
その臆病さがっ、卑怯さがっ、北村君を傷つけたんだっ!!
…。許さない、絶対……許さなあぁいっ!!

うわあぁぁあっ!!

やめろ大河っ!!

放せぇ!!

やだやだ、何なのこれっ!?

大河っ!!

臆病者っ!!卑怯者!!自分の心に向き合う事もできない弱虫っ!!

弱虫で結構っ!!テメーは単純暴力馬鹿だろうがっ!!

アンタよりはマシだっ!!言ってみろ!北村君の気持ちを受け入れない
なら、お前なんか嫌いだって言ってみろ!!言えぇーっ!!
うっ・・・。

テメーにあたしの何が分かるっ!!テメーみたいな単純馬鹿に
なれるんだったらなりたいよっ!まっすぐつっぱしれる馬鹿になれたらって
思うよっ!!好きなんて言ったら、あの馬鹿はあたしに
ついてこようとするじゃねぇかっ!!あたしがそうしてほしいって
分かったら、あたしのためにそうするだろうがっ!!色んなもんを
犠牲にして…っ!あいつはそうゆう奴だ…。だから…っ、だからあたしは
馬鹿になれない…っ。

会長は本当に優しい人です。

はっ・・・。

心からあなたが好きでした。好きになれて、恋をして、本当に良かった…。
ありがとう、ございました…っ!!


  • [ニックネーム] とらドラ! のマニア的な人ww
  • [発言者] 大河・会長・竜二・みのりん・北村君・その他色々
皆好きです。超好きです。皆付き合って。絶対幸せにしてやるから
  • [ニックネーム] NINO
  • [発言者] 杉崎鍵
勝手に好きになって、勝手に嫌いになって。
勝手に期待して、勝手に失望して。
勝手に憧れて、勝手に幻滅するくらいなら。
最初から知るべきじゃないんじゃないのか。
  • [ニックネーム] Fan
  • [発言者] 阿良々木暦
何も起こらないことを、誰かのせいにしてた。
でも、違ったんだ。
その気になれば、世界は一瞬で色が変わる。
  • [ニックネーム] えりるリム
  • [発言者] 神田空太
お互いの思い出に
過ぎ去った悲しみの重荷を負わせるのはよしましょう
許しても許さなくても
過ぎたことで何か変わるわけではないでしょう
  • [ニックネーム] 閻魔
  • [発言者] テンペスト
「悔しいに決まってる。そんなの悔しいに決まってるだろ!!……俺が一体何をしたっていうんだ。別に目が眩むような大金が欲しいとか、馬鹿みたいな権力を牛耳って王国を作りたいなんて望んでいる訳じゃない。ただ、いつもと同じように学生寮で目を覚まして、インデックスのご飯を作って、学校へ行って、放課後に友達と遊んで……そんな当たり前のものを取り戻したかっただけなんだ。なのに、どうしてそれだけで絶対悪なんて呼ばれなくちゃいけないんだ!大勢の人の命を天秤にかけなくちゃならないような場所に立たされなくちゃいけないんだよ!!こんなの馬鹿みたいだ。俺一人を苦しめるために地球人口六十億人をくまなく救い終えるなんてオティ
  • [ニックネーム] ドゥーム
  • [発言者] 上条当麻
よくわからんが、へこむときってのはな、
人にも自分にも期待しすぎなんだってよ。
自分の力量以上に頑張ろうとするから辛くなるんだって。

無理すんな。頑張るのは、手の届く範囲でいいんじゃね?
  • [ニックネーム] ファイブレイン
  • [発言者] 吉田春
俺はどんな球でも打つよ!
一試合で打てなかった球、ないもんネ!
  • [ニックネーム] 涙
  • [発言者] 田島悠一郎
努力のタマモノだろ。
マネはできないよ。
  • [ニックネーム] シンカー打ち
  • [発言者] 田島悠一郎